« 再会の歓び | トップページ | アンティークの魅力 »

2018/07/09

花のある暮らし~アスター

記録的な豪雨で被害にあわれた西日本の地域の皆様に心よりお見舞い申し上げます


私の息子一家も現在広島の安佐地区に住んでいます。
広島の被害のニュースが流れるたびに気が気ではありませんでしたが、
幸い市街地に近い場所で被害はなく安堵しております。

日が過ぎるごとに尊い命が失われたことに心が痛みます。
一日も早くインフラが動き平穏な暮らしに戻れますように祈っています。


+ + +
我が家ではいつも花のある暮らしを楽しんでいます。
仕事柄花を活けるベースはたくさんあり花器にこまることはありません。
夏場は花の持ちも悪く、花屋さんでは特売の花がたくさん売っています。
昨日は涼しげな薄紫色のアスターの花束をチョイス!
大きなガラスの花器に背丈だけを切りそろえ投げ入れました。




Dsc_1844


花の命は短いけれど。。。

色も香りも楽しみのひとつ

毎日の生活に、花や緑があると、心がほっとやすらぎます。



Dsc_1846


ようやく買い付け品の荷物の開梱終了しました。
特大サイズの段ボール箱17個、
最後の箱に入っていたお品の一部です。


Dsc_1849



ひとつのことが終わる時、きっと明日はいいことがある。


そう信じて、今を大切に生きる。


« 再会の歓び | トップページ | アンティークの魅力 »

antique」カテゴリの記事

my life」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ