« 八月の終わり | トップページ | 休暇 故郷 »

2018/08/31

美しいシルバーの魅力

8月も末日になりました。
明日から9月、カレンダーは暦とおりに日めくられていきます。
9月1日、2日は誠に勝手ながらショップはお休みさせていただきます。
遅いお盆で先祖のお墓参りに行ってきます。
メールのお返事は遅くなりますので、よろしくお願いします。



来週は、とって置きのアンティークの数々をご紹介の予定です。
その中の一つスターリングシルバー(純銀)の調度品
イギリスのアンティークフェアで、
ちょっとシャビーぽい箱を開ければ、そこはまばゆいほどの銀の世界。
なんと、未使用の手鏡、ブラシセットが入っていました。
すべてホールマーク入りのスターリングシルバー
当時の上流階級のお屋敷から出たお蔵入りもので、説明書もそのまま保存されています。




Dscn4213_2

Dscn4251


「銀」という響きの中に、私自身どこか手の届かないもの、
手入れがし難いものというイメージを持っていましたが、買い付けに行く度に銀製品を
たくさん見る機会があり、やはりシルバープレートとは違う銀の素晴らしさを発見します。

しかし、手頃な価格の銀メッキには装飾価値や使いやすさというメリットもあります。
銀のことを良く知った上で、用途に応じて使い分けされるのが良い選択かと思います。





« 八月の終わり | トップページ | 休暇 故郷 »

antique」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ