« ミラノより帰国 | トップページ | イタリア紀行~天井のない美術館 »

2018/10/12

イタリア紀行~ミラノ

毎年2回、買い付けを兼ねた海外の旅に赴いている私ですが、
年々体力が衰えているのを実感します。
それでも気力と好奇心だけはまだまだあり、新しいことに挑戦しています。
イタリアの旅を計画したのは2~3か月前、性能の良いスマホの買い替えを検討していた頃で、
ドコモショップに日参していましたが、2,3の機種に迷い、結局決まらず
イタリアへは慣れたスマホをひとまず持って行くことにしました。
スマホは毎年進化していて、カメラ機能も美しく撮れます。
道中3年前のスマホでブログを発信していましたが、画質が今一です。
ブログを見ていて下さる方には、今後カメラで撮影した風景なども見て頂ければ、、、と思っています。
一億人を超えたインスタグラムも検討中ですが、やらなければならない事が多すぎて、
まだまだ先になりそうです。

イタリアは長靴のような形の国
北と南とは気候も文化も違います。以前行ったナポリ、ローマは南、ミラノはイタリア北部に位置する同国第2の都市
フランスに近くハイブランドの本店が建ち並ぶほか、建物も近代的でオシャレな街です。
ミラノの人口は約130万、先日ミラノで秋冬のファッションショーがあり、
大きなアルマーニの看板がかかげてありました。
全体的にホテルは高く、立地条件にもよりますが、イギリスの2倍します。
今回宿泊したホテルは、近郊の街に出かけることが多かったので、中央駅近くの4つ星以上のホテルを選びました。


ミラノで見逃せないのはイタリア最大級のゴシック聖堂ドゥオモ、サンタ・マリア・デッレ・グラッツェ教会の「最後の晩餐」、
1878年に完成したドーム天井をもつアーケード「ガッレリア」
美しいドーム型天井の壁面は4大陸を表したフレスコ画が描かれています。
その下の一角にあったマクドナルドがプラダの2号店になっていました。

その他、お奨めはミラノ公爵スフォルツァが改築したスフォルツェスコ城、博物館もあり
正門前には大きな噴水があり眺めが素晴らしいです!
又、傑作絵画が多いブレア美術館、スカラ座もお奨めです。




Dsc_1832

Dsc_1973
 
Dsc_18352


アンティークと言えばミラノの骨董市や蚤の市ではフランスものが多く、銀食器、リネン、
食器、ミラー、ランプ、額物、絵画、アクセサリー。。。といった専門店が多いです。




Dsc_1928

Dsc_1934

今回の目的、マイクロ・モザイク細工のアクセサリー
イギリスの買い付けではとても高かったので
見つければ一個一個状態をチェックして買い集めました。
デザインが素敵なのを買い付けております。


Dsc_19482
   

Dsc_23362




« ミラノより帰国 | トップページ | イタリア紀行~天井のない美術館 »

antique」カテゴリの記事

trip」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ