« イタリア紀行~天井のない美術館 | トップページ | イタリア紀行~ブラーノ島 »

2018/10/17

イタリア紀行~カプチーノ&エスプレッソ

新商品更新しました。
今回はイタリアで買い付けたアンティークばかりをアップしました。
アンティークショップや骨董市が非常に少ない中、
私なりに精一杯セレクトして参りました。
フランス、イギリスでもないイタリアらしい独特のアイテムもあります。
どうぞご覧になって下さい。

レース柄のデミタスカップを見ながら、思い出すイタリアの旅、
ホテルのデラックスな朝食では毎日クリームたっぷりのカプチーノを
街歩きに疲れたらカフェで甘いひととき
クリームで描く模様に癒される。

トイレは基本的に有料、有料の建物や美術館は無料
カフェで用を足す時はカウンターがお奨め、、、と言うのも
テーブル席に座ると料金が高くなります。
現地イタリア人は座らずカウンターで濃いエスプレッソを一口で飲みほして足早に出て行く。

知らないことばかり!!!
慣れた頃はイタリアの国からチャオ
やっぱり自国が一番、我が家でほっとしています。




Dscn4912




コバルトブルーにレース模様
ベネチアの青い海と、ブラーノ島のレースが懐かしい!


« イタリア紀行~天井のない美術館 | トップページ | イタリア紀行~ブラーノ島 »

antique」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

trip」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お気に入りの本

  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ