« 秋晴れ~更新しました! | トップページ | ミラノ駅でスリに遭遇 »

2018/10/27

すだちの砂糖漬け

穏やかな秋日和
知人の方から今年もいただいたスダチ
イタリアの帰国を待って貰った少し大ぶりで色づきはじめたスダチ
80歳をすぎたおじさんの家の庭にある大きなスダチの木


はしごをかけて、足元がおっかな、、ひやひや、、
今年はたくさん実がなり豊作だそうです。
少し旬を過ぎていたので、ご近所のおすそ分けをやめてすだちの砂糖漬けを作りました。

二瓶のビンに昼間は冷蔵庫で、夜は常温、
寝かすこと、一週間
甘酸っぱいシロップがスダチの高さまで上がり、立派なシロップの出来上がり。
カップに砂糖漬けとシロップを少々いれてお湯を注げば、温かいすだちティー
手作りのワッフルと一緒にいただいたら、お口の中は至福の世界。
来客にお出ししたら好評でした。




Dscn5098_2_2

Dscn5103_2


カップ&ソーサーとシェリーのケーキプレートは買って25年以上たちます。
うちの器はみんな長いお付き合いです。
ですから、大切に使っています。


Dscn5100_2

Dscn5102



« 秋晴れ~更新しました! | トップページ | ミラノ駅でスリに遭遇 »

my life」カテゴリの記事

season」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ