« ベネチアのレストラン | トップページ | 教会(祈り) »

2018/11/20

Mercato del Pesce

11月も下旬となり寒くなりました。
まもなく12月(師走)本当に時間が過ぎるのが早いです。

18日の大江戸骨董市には寒い中、ご来場ありがとうございました。
初めてのお客様の交流も楽しいひと時で、この出会いを大切にしたいと思います。

さて、久々のブログですが、買い付けの旅でアンティークの次に興味があるのは、
花屋さんと食材のお店です。
ヨーロッパの街に行くと、買付けは朝が早いので朝市はよく見ます。
もう少し規模が大きい常設の市場は殆どが午前中に閉まってしまい、行く機会がありません。
フィレンツェの中央市場は有名ですが、
ベネチアの市場は友人に教えてもらうまでは知りませんでした。
市場に行けばその国の食材、庶民の生活がよくわかります。


ベネチアの中心の市場はリアルト橋の近くの運河沿いにあります。
歴史ある市場で長い間ベネチアの食を満たしてきた魚市場Mercato del Pesce
建物の中はアドレア海の魚介類を扱うお店が多く、入口付近は屋外の果物、野菜のお店が軒を連ねています。
グロテスクな大魚も並べてありました。(゚д゚lll)アブナッ !



P1120375

P1120376


P11203712


P11203742

P1120373

Dsc_2071


国が違えば色々な変わった食材がありますね‼

イタリアは種類の多いパスターや香辛料が豊富です。
市場で購入するととてもお安いので、日本へのお土産にお奨め!
果物はビタミン補給にホテルで食べるのも、疲れがとれていいですよ。


Dsc_20652
 
Dsc_2070




観光ガイド書に載っていない場所、まだ知られていない穴場はまだまだ沢山あります。

その国を知ることは旅を何倍も豊かにしてくれます。

「行ってよかった!」と思える旅を。。。参考に。



« ベネチアのレストラン | トップページ | 教会(祈り) »

trip」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入りの本

  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ