« ハロウィン~ベネチア回顧 | トップページ | 立冬すぎて »

2018/11/06

霜月~坦々と

11月なって早一週間、たんたんと過ぎていく日々
日曜日の大江戸骨董市、空模様があやしい中
午後過ぎにはポツリポツリと小さな雨が降ったり止んだり、
前回ほどの混雑はなかったものの、沢山のご来場がありました。

特に外国人の方が多く目立ち、
私の裏の大きなブースを構えた古着&クラフトの人気ショップは外国の観光客で込み合っていました。
私も気になるお店なので、横目でチラチラと物色しているのですが、
そんなお品はすぐに売れてしまいます。

そのお店のオーナーさんが、「英語できる?」と声かけられ、私も中学生レベルなので
自信がないのですが、、、、
イタリア人の女性が毛皮のジャケットを買いたいらしく
document(ドキュメント)と言っているけれど意味がわからないとのこと。
たぶん文書とか記録とか言う意味なので、レシートのことかも知れないと思ったのですが、
毛皮は出入国の時、関税などがかかるので、そんな時の書類かと思ったりもした。
結局、「領収書」のことでした。
キツネの毛皮がなんと1万5千円でした。
スタイルがいい美人さんなので、とっても似合っていましたよ!

当店も今回はキャンドルホルダーやC&S、カトラリーなどのキッチン&テーブルウェアがよく売れました。
寒くなり、晩秋になると、キッチン用品が人気です。
コトコトとキッチンに立つ時間が多くなる季節です。

次回はそんなアイテムを中心にご紹介します。



181106blog



今週中には更新します。

宜しくお願いしますm(__)m



« ハロウィン~ベネチア回顧 | トップページ | 立冬すぎて »

antique」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

season」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ