« フィレンツェ ウフィツィ美術館 | トップページ | 年末(仕事納め) »

2018/12/25

ヴィクトリア朝のクリスマス

ヴィクトリア時代
長い冬を快適に過ごすために女性たちはどんな楽しみをもっていたのでしょう!
一年で最も輝かしい祝日クリスマスは人々が何より心待ちにしていた行事です。
色々な文献をもとにちょっと垣間見てみました。

英国で初めてクリスマスツリーが飾られたのはウィンザー城でした。
1841年、女王夫婦に長男エドワード皇太子が誕生したことを祝して、アルバート公が祖国
ドイツの習慣を息子に伝えようと、クリスマスツリーを取り寄せたのです。
それまで英国にはクリスマスツリーを飾る習慣はありませんでした。
キャンドル、ドールハウスの小物、砂糖菓子をぶら下げた女王夫妻のツリーはテーブルに置かれ、
その足元を贈り物が取り囲みました。
その後女王夫妻は、子供の数だけツリーを用意したため、
4男5女に恵まれた王室のクリスマスはとても華やかなものになりました。
クリスマスツリーの前でくつろぐ女王一家の姿はたびたび新聞に掲載され、
はじめは上流階級から、1860年代には中流階級や労働者階級にもクリスマスツリーの
習慣が浸透しました。



Dsc_2429_2


日本ではクリスマスといえばクリスマスケーキ
子どもたちは楽しみにしています。
英国ではクリスマス当日までに準備しておくべきものの一つが「クリスマス・プディング」でした。
クリスマス・プディングは干しブドウなどのドライフルーツと、
スエット(牛脂)をたっぷり入れた濃厚な味のスチームブディングです。
今では英国の伝統的なクリスマスのデザートになっています。




Dsc_2432_2


わが家のクリスマスケーキはチーズケーキと苺のムースケーキながら
プディング型をチョイスしました。
ケーキプレートはフランスのお皿
クリスマス志向で赤とグリーン色に。



Dsc_2427

Dsc_2428


クラッカーでクリスマスを祝福した後に始まる豪華なディナー
メイン料理は上流、中流の家庭では七面鳥、労働者階級の家庭ではガチョウが人気でした。
どちらが美味しかったは別ですが、、、
我が家ではお歳暮に貰った名古屋コーチンの手羽先をいただきました。


Dsc_2423



ヴィクトリア期にはクリスマスをテーマにした小説がいくつも書かれています。
その中でも最も人気を博したディケイズの「クリスマス・キャロル」
そしてオスカー・ワイルドの「幸福な王子」
ヴィクトリア朝に目覚めた博愛精神はクリスマスのチャリティー活動の盛り上がりにもつながって行きました。

世界には恵まれない人々がたくさんいます。
クリスマスの日に
すべての人々が神の祝福と恵みを受けられますように祈りましょう。


« フィレンツェ ウフィツィ美術館 | トップページ | 年末(仕事納め) »

antique」カテゴリの記事

England」カテゴリの記事

season」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

お気に入りの本

  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ