« 今年最後の更新 | トップページ | フィレンツェ ウフィツィ美術館 »

2018/12/21

フィレンツェの素顔

イタリア紀行の掲載もそろそろ終わりにします。
お伝えしたいことは沢山ありますが、観光名所はガイドブックやインターネットでも
詳細に情報が見られます。
ローマ、ミラノ、ベネチア、フィレンツェも、それぞれ素晴らしい街です。
個人旅行ならフィレンツェをお奨めします。
ドゥオモを中心にとてもわかりやすい街で、一日で主な名所に行けます。
歩く、食べる、観る
私の好きなフィレンツェの街を画像で追ってみたいと思います。

日本と違った食べ物が並ぶ早朝の市場が好きです。
初めていったイタリアの早朝、石畳みに荷車の「カタカタ」という音に目覚めた記憶が懐かしい。

サンタンブロージョ市場

P1120758


チーズとトマトのコンビは絶妙な味

Dsc_2239


甘いケーキは地中海の味

Dsc_2342


毎日開催している蚤の市も立派なアンティークの宝庫

P1120755

Dsc_2333

フィレンツェにもあるサン・マルコ広場

P1120716


ジノリの本店
二階が「ジノリ博物館」になっていたけれど昨年閉館となりました。

Dsc_2150


Dsc_2227


以前友人と宿泊したホテル見つけ!!!

Dsc_2232   

左隣は「エルメス」そうそう
ここで、スカーフ買ったっけ!
オレンジの箱に入ったまま眠っております(´д`) フゥゥ~


Dsc_2234

フィレンツェはオシャレな街なので、お買い物も楽しいですが、
ウィンドーショッピングも楽しめます。



« 今年最後の更新 | トップページ | フィレンツェ ウフィツィ美術館 »

information」カテゴリの記事

trip」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

お気に入りの本

  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ