« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

2019/02/27

クマのプーさん展より

「プー、ぼくのことわすれないって、約束しておくれよ。
ぼくが百になっても。」
「ながいあいだ、三人はだまって、下を流れてゆく川をながめていました。」



20190224_145411_2_2 


随分前になりますが、イギリスのアンティークフェアで買い付けた鉛筆で描いたプーさんの
デッサン画、もちろん模写でしょうが、オールドパイン材の額に入った素晴らしいものでした。
それぞれ異なる2枚のデッサン画は即完売して、その後も沢山のお問い合わせをいただきました。
そのデッサン画のことが忘れられなくて、今回「クマのプーさん展」が
渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムで開催しているのを知り行ってきました。

原画を世界最大規模で所蔵するイギリスのヴィクトリア・&アルバート博物館(V&A)
から2019年にはじめて日本にやってきました。
ロンドンに行く度に何度も訪れるV&Aミュージアムですが、一度も見たことがありません。
それもそのはず、一回公開されれば10年間は保存維持のためお蔵入りで観ることは
できないとのこと。私自身一生でこれが最後の機会になります。



Dsc_1258



会場内は撮影不可のため、画像は許可された数枚しかありませんが、
いまでは誰もが知る世界一有名なクマ「プーさん」が1926年にイギリスに生まれました。
物語を書いたA.A.ミルンと、イラストを描いたE.H.シェパード。
ふたりの共作によって生まれたユーモアあふれる世界は、今も世界中の人々を魅了しています。
私が来館した日は日曜日だったので、すごい人で入場するのも回覧するのも大変でした。
プーさんの絵本で育った年代の方が多く、
皆さんプーさんの仲間たちのキャラクターをすらすらと口にして思いでに浸っておられました。
現在はディズニー社が版権を持ち、アニメやグッズの展開を広げています。

原作にも出てくる「プー棒投げ橋」はプーさんの故郷のイギリスの田舎町
ハートフィルドにあります。
感心がある方はイギリスの旅に~~✈
 
20190224_145052_2


20190224_145541_2


「ハチミツのつぼが10個ならんでいて、その真ん中にプーが・・・」
なんとも可愛い姿に、イラスト入りの瓶にはいった蜂蜜をお土産に買って帰りました。

渋谷Bunkamura ザ・ミュージアム 2019.2.9~4.14sun ※3月12日(火)のみ休館



2019/02/19

ヒースの風に吹かれて

久しぶりのブログです。
日に日に春めいて暖かくなって来ているものの、一日の寒暖の差も大きくて、油断ができないです。
帰国後、時間が過ぎていくのが早くて、物事がスムーズにいかないのが少しもどかしいですが、
気持ちはマイペースでストレスがたまらないのが嬉しいです。
イベント出店も定着して来て、馴染みのお客様も増えました(*^^)v
今回は我が家の近くのお客様が、初めてご来場いただいてビックリしました!
家ではピクルスをよく作るとの事で・・・・アイボリーの柄のピクルスフォークを買って頂きました。
寒い中ご来店いただいて嬉しかったです!(^^)!

今日はロンドンにあるハムステッド(Hampstead)の街のお話をします。
この街は先月「世界の街歩き」の番組でも放映されていました。
私はこの街によく行きます。地下鉄ノーザン・ライン
カムデン・ロック・マーケットがあるカムデン・タウン(camden town)駅の一駅先で、
ウィンドショッピングしながらお散歩するにはとってもステキな街です。
昔から多くの芸術家に愛されてきたハムステッド・ヒース
ロンドンに雪が積もった日はハムステッドの小学校は休校になり、積雪にはしゃぐ子供たちはそりに乗ってまんぷく顔でした!
晴れた日はロンドン市内の街並みが一望できます。
ロンドンでももっとも美しい住宅地のひとつとして、今も昔もロンドナーたちの憧れの的で、
アンティークモールや人気の焼き菓子に出会えるアルチザン・ベーカリー「Gail's」ゲイルや
行列ができるハムステッドの名物クレープ屋台など・・・・
お店めぐりの他にサンドイッチなどをテイクアウトしてピクニックも楽しめます。



20190203_135733


20190203_135439



自然美あふれるヒースの恩恵をたっぷり受けているハムステッドの街
 
個人的に大好きです。

2019/02/08

良くも悪くも日本と違う英国

最初の買い付けから電車のトラブル続きで、相変わらず電車の遅れストップは珍しくなく、
イギリス人は驚きもしない。
じっと車内のアナウンスを待っている。
日本だったら事故でない限り1時間も遅れることはめったにないこと。
渡英して4日目のこと。ロンドン市内のアンティークマーケットに行った帰り道
北の大きなアンティークフェアに行くために往復の切符を買っておいた。
いつもならイングランド中部の街リンカーンかNewarkのホテルに宿泊するのですが、
明日は雪とのこと。電車は動かないかもしれないし、遅れもありと考えて、指定席を取った。


その夜のこと。
朝から寒い中アンティークマーケットの吹きさらしのテントで物色していたせいか?
急に寒気がしてきて、暖房を最大にしてダウンコートを着ても悪寒はおさまらない。
ネットで情報を検索して、お風呂は入らず体の中を温めるスープなどを沢山飲んだら、
暫くして大汗が出て、寒気は治まった。
バスタブの熱いお湯で体を拭いて就寝したら、朝にはすっかり良くなっていたので、
予定通り6時にホテルを出発することにした。
キングスクロスの駅中のカフェでカフェオレとサンドイッチをテイクアウトして
電車に乗り込んだ!




20190131_080602

車窓の外は一面雪景色
午前8時前に日出。。。。ぼんやりと厚い雲の間から見える太陽
ほっとする瞬間!


20190131_075219


20190131_110332_001



フェア会場は樹木が凍り、吐く息が白く舞いあがる。
アウトサイドの陳列品は見事に凍りついていた!
こんな買い付けは珍しい。。。
以外に空虚感はなく「新天地に乾杯~」と言ったところです。
いつもなら5時~6時に閉める業者さんも、さすがこの寒さ3時には店をたたむ人もちらほら。

買い付け品もカートとバック一杯になっていたので、16時台の予約電車に間に合うように送迎バスに乗り込んだ。
そしたら知り合いの2組のご夫婦もすでに乗っておられました。
2組のご夫婦は19時の予約とのこと。
当然変更可能と駅の窓口で尋ねられたら、正規料金の1,5倍の料金がかかるとのこと。
皆さんビックリ仰天、二人だと100ポンド以上になります。
そしてリターンチケット当然パーってこと。
しかたなく2、3時間駅で待たれたようです。
そういう点が訳がわからない国です。
年々行く度に鉄道料金は上がる一方、日本では消費税が2%上がることに国民は
ビックリしていますが、それとなく勝手に物価が上がっていくのですからね(>_<)

でもイギリスの人はとっても親切でやさしいです。
特に若い男性は重そうな荷物を持って階段を上がる時、手伝ってくれます。
たまには怖い人もいるけれども。。。
日本はどうかしら?



2019/02/06

買い付けから戻りました

皆さんご無沙汰しています。
寒い寒いイギリスから帰国しました。
過去をさかのぼること、2004年から2009年まで、毎年この時期に渡英しておりましたが、
こんなに寒かった?と時間を戻してみても、あまり記憶にありません。
ライの街で2月だというのにおばあさんが靴下もはかずにプリントのスカート姿、、、
「今年は暖かいよ!」と言っていた。あれから10年?

風邪気味で渡英したこともあり、よけいに寒いのかもしれませんが、
イギリスの人たちは今年は特別寒い!と皆いっています。
ロンドンで雪が降るのは珍しいことで、
イギリス人が日常、お天気のことを話しているというのは有名な話です。
現にテレビでも、店頭でも、実によくお天気の話をしています。
一年中が冬のような空なので、特別びっくりするようなことでもないのですが、
郊外のアンティークフェアに出向いた時は、さすがどんよりとした雲と
色の無いグレーの風景に、よからぬことが起こりそうな憂鬱な気持ちになった。

しかし、幸いにして、一連の行程をこなし、目的であるアイテムをたくさん買い付けました。
日本も先日は5月並みの暑さで、また今日は雨で寒い。
寒暖の差が大きいので、皆さんも体調にご注意を。




20190203_140048




« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

antique shop 8trees

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お気に入りの本

  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ