« イギリスの陶磁器~ミントンブルー | トップページ | 名画「緑響く」の題材~御射鹿池 »

2019/07/22

マイセン動物園展~

頭がモヤモヤするような曇り雨の日々

すっきりとしない毎日ですが、こんな時は家では好きな手仕事、料理、読書など、、、

私はどちらかと言うと外出型なので、興味がある場所に出向きます。

インスタ繋がりの方の投稿写真を見て、「マイセン動物園展」が開催されていることを知り出向いて来ました。

パナソニック汐留美術館はJR新橋駅の銀座出口から徒歩5分ほどです。

新橋駅は工事中ですが、外観は昔も今もあまり変わっていない気がします。

結婚した当時、この近くの銀座八丁目の某会社に勤めていたことがあり、この辺には少し土地勘があります(*^^)v

マイセン動物園展

19世紀後半から20世紀初頭にかけてヨーロッパの美術工芸界で流行したアール・ヌーヴォー様式

マイセンにも影響を与えました。

一方、動物をモチーフにした美術作品は時代や地域を問わず制作されてきましたが、

それらは何かを象徴するために描かれたり成形されたりするものであったり。

そのもの自身の愛らしさを伝えるために制作されたものなど様々で、マイセンも同様でした。

とりわけアール・ヌーヴォー期の動物作品は、模様から表情までリアルさと愛らしさを見事に両立させたものです。


昨日のNHK「日曜美術館」で紹介された作品~「山羊に乗る仕立て屋

原型製作者ヨハン・ヨアヒム・ケンドラー 制作年1820ー1920年頃、日本の個人蔵

おめかししている仕立て屋も山羊もメガネをかけていて、ちょっとおどけたユニークな作品です。

 

 

20190719_141045_20190722174601

 

陶花に飾られた美しい作品には必ず昆虫や鳥、動物が登場します。



20190719_144759


黄金虫でしょうか? よく見ないと見過ごしてしまいそう!!

会場の入り口付近にある大きなシャンデリア。。。「花鳥飾ブット像シャンデリア」言葉が出ないくらい美しいです。  

こちらもプライベートコレクションで日本の個人の所蔵作品です。

この展覧会に出品するために、すべてパーツごとに取り外されて梱包されたとのことです。

元のシャンデリアに設置するには大変な作業と時間を要した。。。と学芸員さんがお話されていました。

コレクターさんのお金には代えられない大切な大切なお宝ですからね!



20190719_141532
パナソニック汐留美術館で~9月23日(月・祝)迄開催しています。





« イギリスの陶磁器~ミントンブルー | トップページ | 名画「緑響く」の題材~御射鹿池 »

antique」カテゴリの記事

my life」カテゴリの記事

season」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ