« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

2020/03/24

桜の咲くころに・・・

例年よりも早く桜が満開になりました。

新型コロナウィルスで自粛ムード・・・花見も盛り上がらないまま、静かに楽しみました。

ヨーロッパの感染、日に日に深刻な事態になっております。

私も色々な情報をもとに、4月上旬の渡英をキャンセルしました。

4月の買い付けは、アンティークフェアやマーケットも多く3週間の滞在を予定していました。

1月にフライトのJAL便を発券済みで、ホテルもロンドンと地方の街に3箇所予約していましたが、

幸いコロナ関連のキャンセルは航空便やホテルもキャンセル料なしでスムーズにできました。

ついにイギリスも3週間の外出制限のロックダウンがはじまりました。

予定している大きなアンティークフェアやマーケット、

地方で開催されるフェアはすべて中止か延期が決まっています。

収束の目処がつけばまた渡英する予定でいますが、先はまったく不透明です。

 

このまま更新をつづければ当然在庫も少なくなりますが、

買い付けに行けない時のことを想定してまだまだ商品のストックはあります。

当分の間はイベントの出店はありませんので、イベント用の商品もご紹介していきます。

最近はインスタグラムで当店の存在を知ってオーダーされるお客様が増えています。

SNSは晩熟の私ですが、世の中は先に先にと進んでいることを実感せざるをえなくなりました。

 

15年前のフランス、パリの桜が咲くころ

誰が今日のウィルス蔓延の危機を想像したことでしょう!

一人一人ができることを自衛して、感染者を増やさないことです。

 

きっと来年の桜はまた違った色に見えるでしょう。

 

 

Pict0047

 

 

 

2020/03/11

日々こもごも

3月も連日コロナ、コロナの話題で中旬を迎えてしまいました。

例年だと桜の開花が話題になる時期、今年はそんな楽しみも失せてしまいます。

学校もお休み、自粛ムードで家にいる時間も長くなりました。

春の買い付けを控え、色々とヨーロッパやイギリスのことが気になります。

各国の大使館が情報を提供している海外安全広域情報やJALの「新型コロナ」特別対応などをチェックしていますが、

先は読めません。

先日、英国のコルッツウォルズの旅から帰国されたお客様がお電話をくださって、入出国はなんら問題なく、

楽しいマナーハウスの宿泊の様子を聞けば、コロナのことも忘れて気持ちは英国に飛んでいきます。

しかし、状況は刻刻と変わり入国の時、熱があったり、だるいとか、少しでも風邪の症状があれば別問題です。

その場合は自ら自己申告して2週間程度隔離されるようです。

昨日は北イタリアに住んでいる友人にラインをしました。

彼はイタリアの状況が、よくわからないけれども、「私の家族はみんな元気です」

そして「なるべく外には出ないようにしている」と言っていました。

どこの国でも情報は様々で混乱しているようです。

コロナに限らず、人の命を守ることは最重要課題です。

3月11日で東日本大震災9年目を迎えました。

忘れてはいけない過去の記憶があらたな危惧で薄れていきます。

日本が平和な経済国であったのは過去のこと。

これからは自分自身で危機管理を自覚しなければと思います。

今日という日があれば、明日が必ずやってくる。

この幸せを大切に日々こもごも楽しく過ごしたいです。

 



Dscn1529-2

 

 

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

antique shop 8trees

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ