« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月

2020/09/20

始動の秋

「暑さ寒さも彼岸まで」よく言ったもので、もう30度を超える暑さはなさそうです。

暑い最中から始めた朝のラジオ体操とその後の30分程度のウォーキングも

どうにか2か月あまりギブアップしないで続いています。

朝が苦手な私も、6時になると自然と体時計が働くようになりました。

8月はさすがウォーキングの後は汗だくでしたが、

今日の6時台の気温は22度とめっきり涼しくなりました。

何事も一つのことを続けることは大変ですが、それなりに達成感はあります。

無理をしないで、これからも継続して行きたいです。

 

さて、新型コロナウィルスの感染者も横ばい、、、

ヨーロッパはさらに増え続けている現状です。

世界の感染状況を考えると、安全なワクチンができるまでは一人一人が感染しない、

人に感染させない行動をとりコロナと共存していかなければならないと思っています。

 

ようやく7カ月ぶりに大江戸骨董市も再開される見通しとなり、

10月4日、18日と当店も出店することが決まりました。

感染対策の為、出店数も少なくなり場合によっては入場制限があるかもしれません。

いずれにしても、出店者もお客様も楽しみにしているイベントの始動です。

長い間お休みしていたので、準備もこれからですがどんな物を持って行こうか?と思案するのも楽しみです。

 

オンラインショップの方は、月曜日~金曜日の間の午後8時~9時の間に更新しています。

メルマガでお知らせするほどの数は更新できませんが、毎日ご覧になってくださっている方も沢山おられます。

まだまだ制約があるコロナ禍の中で、少しでも今まで歩んで来た道が開かれることを願っています。

 

秋はアンティークがよく似合う季節

ワルツのような優雅な舞曲は木の葉が舞い落ちるような調べ

少しずつ前向きに歩もう!

 

 

 


P1000643

 

 

2020/09/01

風を読む

皆様 ご無沙汰しています。

猛暑の夏も、9月の声を聞くと少しばかり秋風が吹き、昨夜はエアコンも入れずに就寝することができました。

冷たい東風が吹き、虫の声が秋を告げているようです。

しばし、その鳴き声を聞いていると、むかし田舎の実家の縁側で聴いた虫の鳴き声と同じように思えました。

何もなかったあのころは、それはそれで楽しかった。

戦後75年と言っても戦後生まれの私には戦争のことピーンと来ないのですが、父や母によく聞かされていたので

うう~んと子供ながらに怖いと思ったくらいです。

 

8月はテレビで戦争番組をたくさん放映していて、

印象に残ったのは「太陽の子」「戦場のメリークリスマス」「戦場のピアニスト」

後者は劇場でも観ました。何回見ても心に重く残ります。

父の話と言えば、中国、ビルマ、フィリピンに遠征したこと。

左腕に銃弾をあびた父は前線行きを見送ったため、命が助かって舞鶴港に引き上げて来たが、

親戚を頼って京都へ・・・京都駅で置き引きに会いリックサックの荷物をすべて取られてしまったのです。

終戦直後はそんな治安の悪い時代だったようです。

 

実家は米や芋や穀物、野菜をたくさん作っていたので、

大阪や京都の親戚がリックを背負って食料の買い出しに来ていたらしい。

私は子供の頃はかなり裕福でいつも白米を食べていましたから、祖父にサーカス見物に連れて行ってもらった時、

隣の子が麦飯のおにぎりを食べているのに驚きました。あの黒いごはんはなんなの?

栄養があるのに、いまだに麦飯苦手です。

新型コロナと熱中症対策で過ぎてしまった8月、遠くに行かず、行けずのジレンマ

この先もマスクをしっかりして自衛するしかない。

どこの国でも、みんな辛い思いをして、混乱の中に身を置いている。

明日の風を読むって難しいけれど、いつも周りの人を楽しくさせる自分でありたいものです。

9月も宜しくお願いします。

 

 

 

Dsc_0218

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

antique shop 8trees

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ