« 残暑お見舞い申し上げます | トップページ | 深まる秋 »

2021/08/21

ルーツを知る楽しさ

皆さんこんにちは

久しぶりの投稿で~す

お盆休みも、大雨、豪雨、土砂災害・・・と日本列島雨つづき

温暖化によって世界の気象は変わりつつあり、これからも予期せぬ災害がいつどこで起こるかも知れません。

命を守るための行動を速やかにすることが大切ですね。

 

8月も下旬を迎えました。

今月は細々と更新しています。

それでも見て下さる方が沢山おられて、私ももう少しと思うのですがやはり夏は体力が持続できません。

そんな中、英国の200年前のスポードのお皿を購入されたお客様が、

よく似たお皿を持っておられたのですが、そのお皿のルーツがわからなかったようです。

当店の更新のお皿を見て「Early」シリーズのお皿であることがわかり、たいそう喜ばれ購入されました。

 


20210801_131419

 

世界には数ある陶磁器があり、一般的に知られている窯や知名度が高いお品は検索してもすぐ出てくるのですが、

100年前の文献が乏しい物や生産数が少ない物はわからないことが多いです。

私も販売者としてその辺がとても困ることなのですが、

どこかの糸口を元に引き出しを開け、同類品を調べていく内にルーツが解明されることがあります。

そんな時はなんとなく「やった!」と言う満足感が湧きます。

皆さんも大切な骨董品のルーツを知ることで、今まで以上に知識や価値観が高まると思います。

 

お客様が持っておられたお皿、共通点があります。

さて、どこでしょう?

 

20210801_104245

« 残暑お見舞い申し上げます | トップページ | 深まる秋 »

antique」カテゴリの記事

my life」カテゴリの記事

season」カテゴリの記事

information」カテゴリの記事

guest room」カテゴリの記事

antique shop 8trees

フォト
2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ