カテゴリー「antique」の記事

2018/02/07

立春すぎても春は遠く

立春すぎて暦の上では春なのに?
 
北陸地方、日本海側は記録的な大雪となり、今なお車の立ち往生、インフラにも大きな影響が出ています。
ニュースを見るたびに大変な事態になっていることを痛感します。
このまま降り続けばと思うと、行政の対策が急がれます。

本日新商品更新しました。
 
厳しい寒さで、春はまだまだ遠くにありきですが、そろそろ春支度。
パステル・カラーのやさしい色目のアイテム、少しずつご紹介していきますね。
 
今回もよろしくお願いします。





P1000261



2018/02/05

Boudoir doll

昨年、イギリスのアンティークフェアで
とっても可愛らしいベビードレスがディスプレイされていて、思わず立ち寄ったフランス人のお店
生まれたばかりの孫娘のお宮参りのベビードレスを探していた時でした
ひときわ目立つ赤いシルクドレスを着たお人形がこちらを見つめていた。



Dsc_07943_3


お顔とこの大きな身長はどこかで見たような気がするが名前が出てこない。
  フランス語でBoudoir doll(ブドワールドール)
日本語で私室人形と言います。
1915~1930年頃、女性の私室(寝室)のベットやソファを飾るために作られたお人形です。
 
ブドワールドールは通常細長いボディと高いヒールが特徴、
手足は陶器、ボディーは藁、マスクは布製で特徴のある顔はすべて手描きです。
一点物でほとんど市場には出てこないドールですから、オークションを通して売買されています。


Dscn0706_2_2
 

このレアなブドワールドール、近日中にアップします。
 
目の覚めるような深紅のドレス
 
あなたを見つめる瞳
 
共に夢を描きましょう!



2018/01/28

熟年夫婦の記念日

いつまで続くこの寒さ、先日の雪が日陰でとけないで、コチコチに凍っております。
買い物に行くにも千鳥足。。。
暖冬のヨーロッパ、パリではセーヌ川が洪水のため、シテ島も冠水状態!
どうなってんの地球は大きい、広い、未知数?

そんな今日は結婚記念日ではありませんか!!!
2週間前の夫の白内障の手術に続き、
私は数日前に歯の小手術をしました。(>_<)
たいしたことではないのですが、こうしたことが老化のはじまりだと感じています。
長生きはしたくない。。。と思いつつも
息子から「お父さんの目の具合はどう?」と電話があれば、生きていることは素晴らしい!と
ころころ変わる私です。( ^^) _U~~


今週中に新商品アップします。
一例をピックアップしますと、大きな天使の油絵、天使とヤドリギに鳥のジュエリーbox
スミレ柄のビスケットバレル、素晴らしいデザインのコーラル(珊瑚)のジュエリー、
久しぶりに白いホウロウのバケツやフラワー缶もご紹介します。
準備完了後、メルマガでお知らせしますので宜しくお願いします。




Dsc_13782




2018/01/26

眩しいほどのアンティーク

氷点下、冷たい、寒いというよりも、指先、頬が痛いです(>_<)
外出は足元を見て前かがみ、家では猫のように背中丸めて、自分の姿に啞然w(゚o゚)w


+ + +
あれこれ20年以上イギリス、フランスを行き来している私です。
あるお客さんは1冊の本を書けるね!。。。とおしゃっていました。
文才がないので、、、、とその気にはなれないですが、
この経験は私の人生において何よりも大きなものです。

何が違うと言えば、考え方、暮らし方、文化の違い、言語。。。数えれば沢山あります。
そんなハンディも、あまり気にしないでできるのが、買い付けの旅です。
このブログでも、面白いネタが浮かべば、次のテーマにと頭をめぐらせますが、
これが文書になると、尾ひれ、やたら形容詞が多くなり思っていることが素直に書けないのが本音です。
記載できることは限られていますが、SNSでもない素人レベルで
旅するアンティークのお話ができれば。。と思っています。


旅先での仕事は、買い付けだけではありません。
博物館、美術館、当店では販売しにくい高価なアンティークを見ることも仕事のうちです。
目に毒、、、、眩しいほどのアンティーク
ゴールドに技巧職人の見事な手仕事、
バカラに金彩に宝石、資金があれば誰だって購入できるけれど
私の場合、買わないことにも意味がある。



Dsc_12632_2

Dsc_1259_2

Dsc_12802_3


Dsc_1260_2


2018/01/21

夢を追いかけて!スタート

一年で一番寒い時期を迎えています。

明日は関東でも雪が降るとの予報、積雪しないことを祈るばかりです。

新春セールには沢山のご注文ありがとうございました。

毎年このセールが終わる頃には正月気分もすっかり消えて春の訪れを待ち焦がれます。


一つのことが終われば、又次のことが待っているのが私の日常ですが、

何かをすることがあることはとても幸せな事だと思っています。

常に夢を追って、理想を現実にと、仕事、私生活面でも

一日一日を大切に過ごしたいと思います。

本日新商品アップしました。宜しくお願いします。



今年はネットショップを開設して15年目になります。

いつ見ても、素敵!と思っていただける商品をご紹介することを心掛けると共に

美しいだけではなく、質や実用性にこだわり、モノの観察力を養っていきたいです。

暮らしの中で、私がずっと付き合って来たアンティークの道具としてのかかわり、

たとえば、キッチン用品は10年選手、20年選手もあれば、この10年新しく買ったものは殆どありません。

昔の道具が不自由と思ったことはなく、むしろよくできていると感心したり、

使っている内に手に馴染み自分のものとなっていく過程は、本当に楽しいもので、

なかなか新しい物に替える気になれないです。

そういった心の豊かさをアンティークを通して伝えていくことが古物商のやりがいのある仕事だと思っています。



Dscn0303_2_2




2018/01/17

絵画で見るヴィクトリア朝の暮らし

好評のセールも今週末で終了させていただきます。
今年の初更新にむけて準備を進めていますが、今週初めに夫が白内障の手術をして、
眼科への送迎など、家事全般に時間を要しております。
歳をとれば、国民病として扱われる白内障ですが、個人差もあり術後のケアも大変で、
もともと眼鏡をかけていた夫は手術をした片方のレンズを外しています。
二週間後にはもう片方を手術しますが、モヤモヤした世界が少しでも鮮明な世界になれば幸いです。
いずれ目を酷使している私もそんな日が来るかも知れませんね!

話は代わりますが、最近日本では書店で西洋アンティークの本を見かけなくなりました。
まぁ、日本では和骨董が主ですから少ないのは確かです。
英国では中流階級の主婦を対象にした家政本が数多く出版されたヴィクトリア期
大ベストセラーになった「ビートンの家政本」をはじめ家事からモードまで、
現在もその復刻版が書店では販売されています。
写真やイラストを見ているだけで楽しくなり、時間を忘れてしまいます。
一日を通しての主婦の生活は西洋でも日本でも、お国柄と習慣の違いこそあれ
代わるものではありませんが、
100年前のヴィクトリア時代の暮らしに憧れを感じるのは私だけではないようです。
 
中、上級階級の淑女にとっては、お料理はメイド任せだったようですが、
着飾って、お出かけしたり、お茶会は日常のライフスタイルでした。
そんな様子が、このクリストリウム絵画からもよくわかります。
まもなく更新でご覧いただけます。


Dscn0284_2
Dscn0318

Dscn0295_2



2017/12/23

年の瀬

年の瀬になり、今年もあと僅かな日々となりました。
2017年も皆様のご愛顧ありがとうございます。
心よりお礼申し上げます。
 
年々診察券の枚数も増え、年末は体のメンテナスで、眼科や歯医者さんをハシゴです。(´д`)┌ヤレヤレ
時間切れとなり、わずか4点の追加更新となりましたが、
年が明けましたらご紹介させて頂きますので来年もよろしくお願いします。
 
最後の更新のお品にクリストリウム絵画「子犬と戯れる女の子」の絵柄があります。
近年は愛犬家も多く、ほっこりと癒され絵画です。
来年は犬年、ワン、ワン、ワン。。。と、ナンバーワンを競い合うのではなく、
世界のどの国も平和になるように祈りたいと思います。


Dscn0113_3_3


 

2017/12/18

揃い物の美

今年最後のイベント(大江戸骨董市)の出店を終えました。
厳しい寒さの中、大勢の人で会場は熱気に包まれ、
いつも思うのですが、暑くても寒くても人が集まるのが東京の中心地です。
ネットショップのお客様もわざわざ足を運んでくださって、初めてお会できて感激です。
以前骨董市でビーズバッグを購入していただいた方は、
遠くは軽井沢から新幹線で上京され、お買い物を楽しまれました。

海外の観光客の方も多く、スマホ片手に商品を撮影して、友達や家族に見せる。
数年前には考えられない「それあり」の現在の姿です。
日本の風景と共に良いお土産になれば嬉しいです。

顔が見えないネットショップの欠点は、良いお品を扱っているのに実物をお見せできないこと。
その事を少しでもカバーしょうとイベントに参加しています。
今年もイベントを通じて沢山の人と交わり、多くの事を学ばせていただきありがとうございました。

アンティークコレクターに限らず、美しい物を愛する気持ちは誰しも同じ
先日のポーラー美術館の化粧道具も小さいながらも素晴らしいものでした。


Dsc_16252
Dsc_16322
Dsc_16412 


色々と文献を読んで行きますと、

歴史は女性と共に進歩と変革を繰り返して来たように思えます。

100年以上前の揃い物が、なお愛おしく美しく思えるのは確かなことです。




2017/12/13

名品でめぐるタイムトラベル

毎年12月のこの頃は、もう少し暖かかったように思います。
12月に入り気温が低い日が続いています。
皆さまも体調管理に気をつけてあたたかくしてお過ごしくださいね。
 
12月に入り行事続きで、新商品のアップお待たせしてすみません。
本日新商品20点アップしました。
お忙しい年末ですが、ご覧になってくださいませ。
 
今週明けにお祝い事があり、箱根、湯河原に行ってきました。
道すがら箱根仙石原のポーラ美術館の開館15周年記念展
「100点の名画でめぐる100年の旅」を鑑賞
巨匠たちが誘う世界にタイム・スリップ
美術鑑賞が趣味の私は、買い付けの合間に美術館や博物館に出向き、沢山の名画を
鑑賞していますが、たとへばゴッポは何枚もひまわりの絵を描いています。
それと同じようにドガは踊り子。。。という様に
今回も違った巨匠の絵画を見ることができました。
 
ポーラと言えば化粧品
名画の他に女性を美しく輝かせてきた化粧道具も貴重なコレクションとして
展示されていました。
フランスのバカラの化粧品セット、イギリスの銀器、珊瑚象嵌化粧ケースなど
昔も今も変わらない美の追求と感性
近々ブログで画像掲載いたします。
 

Dsc_16382 

2017/12/10

選りすぐりpickup

明日から明後日にかけて遠出します。
メールのお返事は12日の夜遅くになります。
更新の準備はほぼ完了していますので13日の午前中にはアップの予定です。
詳細はメルマガ、TOPページでお知らせします。


選りすぐりのお品20点ばかり更新の予定ですが、
お手頃価格のお品も沢山あります。
宜しくお願いします。


Dscn9983_3
 
Dscn9872_2
Dscn0060_4
Dscn0098
Dscn9964
 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

antique shop 8trees

フォト
2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

お気に入りの本

  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ