カテゴリー「antique」の記事

2021/02/15

冬雨も春の兆し

気がつけば2月も半月過ぎてしまいました。

朝が来れば夕方になり、その日は終わり、何ら変化のない日々ですが、

季節はあきらかに進み春の兆しが感じられます。

今日は朝からまとまった雨

春の雨は季語にもいくつも登場しますが、冬の雨は冬雨・寒雨とあまり聞きません。

実際冬の雨降りは少ないかもしれません。

 

コロナ感染数もここにきて減少気味ですが、まだ緊急事態宣言が発令中ですから

やはり不要不急のお出かけは避けなければなりません。

一人一人が感染対策をしっかりとすることによってコロナも収束に向かっていくものと思っています。

 

さて、これからの更新予定ですが、

今まで手間がかかりあまりご紹介できなかったレース類や布、リネン類を暫くの間ご紹介します。

当店は幅広いアイテムを扱っていますので、これが専門という商品はありませんが、

メリハリをつけてご紹介して行きたいと思っています。

テーブルウェア、キッチン用品、インテリア、手芸用品、、、それぞれのお好みもあることでしょう!

ショップを覗けば、なにがしら探しているものがあったりと、

まぁ・・・蚤の市感覚でお楽しみいただければ幸いです。

 

レースなどは1枚1枚手が込んだもの、小さな端切れさえ、いとおしく感じるお品もあります。

ちょっとお洋服に手提げバッグにアレンジするだけでイメージが変わります。

見真似物まねではなく個性が尊重される現在です。

あなただけのオリジナルをお楽しみくださいね。

 

 

 

20210209_154216

 

 

 

 

2021/01/28

ヴィンテージの意味

寒暖差が大きいこの頃ですが、少しずつ春に歩み寄っている感じもします。

・・・

アンティークに関わる仕事をしていると、骨董用語と言いますか?他に使われない専用の言葉もあります。

趣味や、興味があることは皆さんもよく勉強されていると思います。

私もその一人で初めて聞いたアンティークの名前や用語は専用ノートを作りその都度メモしています。

時にはイラストを添えて・・・

特にフランスのアンティークの用語がわかり難く買い付けでも苦労しています。

フランスアンティークに精通している方のブログを検索して、その名前の由来を調べたりすることもあります。

 

アンティークの名前は別にして、アンティークとヴィンテージの違いもよくわかりませんね。

アンティークは100年以上前のもの、ヴィンテージ物はそれより新しいものという区別をしている人も多いと思います。

そもそもヴィンテージという言葉は?・・・と思いませんか?

 

ヴィンテージとはワインにおいてぶどうから収穫、醸造を経て瓶詰されるまでの行程を表す言葉です。

語源はフランス語の"vendange"で、ラテン語の「ぶどうを収穫する」という意味から来ています。

英語の"vintage"は「~の頃」「時代」などを意味し、

"a clock of ancient vintage"(古い時代の時計)などの使い方をします。(参考文献より)

 

当たり年のワインの事は「ヴィンテージ・ワイン」と呼ばれ高級ワインの代名詞となっています。

転じて、名品や、年代物の楽器や・衣料品・カメラなどの古い稀少品の意味として用いられるようになりました。

英語圏には「ヴィンテージ」のつく商標や商品が多数あります。

ヴィンテージという言葉は「特定の年に作られた良い物」という非常に限られた範囲の物が持つ意味の言葉であることを

ちょっと頭に入れておいてくださいね。

 



Dscn5724

2021/01/22

セールのお礼

恒例の新春セールも20日で終了しました。

期間中は初日から沢山のご注文ありがとうございます。

今年はコロナ禍の中、ステイホームで自粛している方が多く昨年よりお買い物していただいた方が多かったです。

沢山のお品が新たな持ち主のところへお嫁に行きました。

眠っていたお品が息吹き、また新しいお家で愛されることは嬉しいです。

お届けしたお品に温かいメッセージやお礼の言葉を沢山いただいています。

写真を添えてメールをくださったお客様ありがとうございます。

お便りをご紹介させて頂きます。

大きなホーローのジャグ(滋賀県・M様)

我が家、今冬は加湿器を導入したのですが給水がなかなかの手間で…汗

4リットル大容量タンクで上から給水するタイプを選んだのは良いのですが(給水回数少なくて楽)

キッチンからリビングにある加湿器へボウルに水を入れて運んで×3往復がなかなかの手間なのです。。(^^;

そこで!このジャグが大活躍*

往復すること無く1回で給水完了です!

素敵なジャグですから食器棚の足元に置いていても絵になりますし一石二鳥です♪

 

16108036494342

ドロワーズ チェスト(北海道・S様)

ブルーグレーのkitchenにリフォームして

このチェストの雰囲気がピッタリ❣️と思いました。

ならば〜善は急げ💨笑と、、細かな物の整理に。。。

迷う事なく無事に我が家にやって来てくれました。。。

雰囲気とても良く、、既に、我が家のキッチンに馴染んでいます。。

 

セールであれ、それぞれのお宅では必要とされるお品が沢山あるという事が画像からよくわかります。

こんな風に私はいつもお客様のメールに癒されて微笑んでいます( ^^) _U~~

 

Img_0098
大変な時だからこそ、日々の暮らしを大切にして下さいね。

2021/01/12

小鳥・・元気に羽ばたく

3連休も終わりまた新たな週の幕開けです。

首都圏は先日緊急事態宣言が発令されました。

それぞれ賛否の思いもあるでしょうが、国民の命を守る為にはむしろもっと早く発令すべきだった。

発令されたかと言って自由が束縛されるわけではありません。

一人一人が規則を守り無症状の人は他の人に感染させない行動をとれば、感染拡大は防げるはずです。

ステイホームお籠りの生活様式にも慣れました。

これからは、世界はあきらかに変化を遂げていくでしょう!もちろん日本も・・・

私もシニア世代だけれど、小鳥が羽ばたくように、いつだって夢を追いつづけています。

 

セール開催から1週間近く過ぎました。

今年は初日から沢山のご注文をいただきありがとうございます。

配達日時指定のお客様以外のお品は順調に発送しています。

各地で記録的な大雪で交通網にも影響を及ぼしているようですが、

多少の遅れはあるものの今のところ当店の荷物は順調に届いています。

お届け済みのお客様からのメッセージも沢山いただいております。

コロナ禍の中で少しでも喜んでいただけて嬉しいです。

セールも後半に入り20日の午前10時に終了させていただきます。

どうぞ、この機会にお気に入りが見つかりましたらお求めになって下さいませ。

暫くは寒い日が続きます。

皆様もご自愛くださいますように。

 

 

20210109_155507
最寄りの公園で実をつつく小鳥たち
🐤🐥🐤

2020/11/06

晩秋~今月の予定

久々のブログ投稿となります。

いつも題材は頭に浮かんでいるのですが、そのうちその内と思っている間に時間は過ぎていきます。

暦は11月となり、木枯らし一号も吹き、いよいよ冬支度の季節となりました。

その都度のメルマガのお知らせはしておりませんが、平日月曜日~金曜日に少しずつ更新しています。

皆さん忘れずに覚えてくださって、8時頃になるとweb ショップを覗いてくださるのが嬉しくて

1個でもという思いで更新しています。


内外共に、一向に新型コロナの感染拡大がおさまらない現状ですが、

10月には大江戸骨董市のイベントも7カ月ぶりに再開され大勢の人で賑わいました。

11月は15日、22日(日)と出店することが決まり、

感染防止のため出店数も大幅に縮小されてはいますが、

中身の濃い骨董市ですのでお近くの方は是非お立ち寄り下さい。

 

ネットショップの方は、感染拡大で海外買い付けが難しい現状です。

フランスは約1か月イギリスも5日より4週間ロックダウン状態となり、

これから先は当然アンティークショップもマーケットも開催されない状況です。

入荷するお品も少なくなりますが、

長年培われて来たノーハウをいかし、少しずつアンティークのご紹介を続けて行きますので宜しくお願いします。

今年もあと2か月もありませんが、皆様が健やかな日々を楽しく過ごされることを望んでいます。




Img_9340

 

 

クリスマスリース 最初の一歩

これからいくつもの花が咲くことでしょう!

 

 

 

2020/10/05

展覧会の絵

早いもので10月になりました。

コロナが流行するまではブログも投稿する記事が沢山あり、定期的に掲載していましたが、

海外の買い付けにも行けず、遠出のお出かけもままならず、ようやくここに来て東京もGOーTOトラベルの追加が決まりました。

長らく中止になっていましたイベント(大江戸骨董市)も7か月ぶりに再開されます。

感染予防のため、お客様も出店者も制約がありますが、

お互いルールを守り今後も引き続きイベントが開催されるように大人の対応を心掛けたいと思います。

 

私自身もそろそろ健康のためにも、精神面を向上させるためにもお出かけの機会を増やそうと思っています。

先日も近所の同年代のご夫婦と八王子の東京富士美術館に行って来ました。

随分前に行ったのですが今回が3回目です。

やはりコロナ禍の影響は大きく人もまばらですいておりました。

でも美術鑑賞はそんな好機はチャンスで、ゆっくりと館内を散策することができ

今回も1枚の絵に出会いました。

イタリアの画家ウルトウーロ・リッチ(1854年~1919年)「新しい家族の誕生」油彩、カンヴァス

 


20200930_131610

20200930_131621

 

 

美しい絵です。

人物の表情やドレスの繊細さに見入ってしまいました。

新しい家族(ベビー)を迎える家族の幸せ!

すっかり忘れてしまった喜びです。

美術館や展覧会に行ったらお気に入りの絵を1枚見つけてくださいね。

きっとその絵は一生あなたの心に残ります。

だから怖い絵画もありますが、美しい絵を選んでくださいね!

 

 

 

2020/09/20

始動の秋

「暑さ寒さも彼岸まで」よく言ったもので、もう30度を超える暑さはなさそうです。

暑い最中から始めた朝のラジオ体操とその後の30分程度のウォーキングも

どうにか2か月あまりギブアップしないで続いています。

朝が苦手な私も、6時になると自然と体時計が働くようになりました。

8月はさすがウォーキングの後は汗だくでしたが、

今日の6時台の気温は22度とめっきり涼しくなりました。

何事も一つのことを続けることは大変ですが、それなりに達成感はあります。

無理をしないで、これからも継続して行きたいです。

 

さて、新型コロナウィルスの感染者も横ばい、、、

ヨーロッパはさらに増え続けている現状です。

世界の感染状況を考えると、安全なワクチンができるまでは一人一人が感染しない、

人に感染させない行動をとりコロナと共存していかなければならないと思っています。

 

ようやく7カ月ぶりに大江戸骨董市も再開される見通しとなり、

10月4日、18日と当店も出店することが決まりました。

感染対策の為、出店数も少なくなり場合によっては入場制限があるかもしれません。

いずれにしても、出店者もお客様も楽しみにしているイベントの始動です。

長い間お休みしていたので、準備もこれからですがどんな物を持って行こうか?と思案するのも楽しみです。

 

オンラインショップの方は、月曜日~金曜日の間の午後8時~9時の間に更新しています。

メルマガでお知らせするほどの数は更新できませんが、毎日ご覧になってくださっている方も沢山おられます。

まだまだ制約があるコロナ禍の中で、少しでも今まで歩んで来た道が開かれることを願っています。

 

秋はアンティークがよく似合う季節

ワルツのような優雅な舞曲は木の葉が舞い落ちるような調べ

少しずつ前向きに歩もう!

 

 

 


P1000643

 

 

2020/08/02

夏のはじまり

蝉の鳴き声に目を覚まし、青い空、眩い太陽

ようやく長いトンネルを通り過ぎた感じです。

雨続きの地域は7月はなんだったのか?暦から消したくなるような日々でしたね!

どんなに暑くてもやっぱり太陽の恵みは大切な命の源です。

只今録画で見ている映画「天地創造」

旧約聖書のエピソードを映画化したスペクタル巨編。

禁断の木の実を口にしたアダムとイブ、ノアの方舟の建造、バベルの塔といった有名なエピソード、3時間の長編です。

神の指示通りに巨大な方舟を完成させたノアの家族と全ての動物のつがいを一組ずつ乗せて、、、、

それから間もなくして雨が降り始め、40日かけて大洪水となりノア一家以外の全ての人々を飲み込んでいきました。

善と悪 問われる問題はずっと続く。

映画作品を観て感じることは人それぞれ異なるけれど私は大きな感銘を受けた。

先が見えないコロナ禍で、私たちは何をすべきなのか?

しかし、どんな状況下でも楽しく暮らすことは一番大切なことです。

楽しいことって?みんなそれぞれあるはずです。

もうすぐ立秋、短い夏になりそうですが思い出に残る八月にしましょう!

 

8月もスローペースですが、更新して参りますので宜しくお願いします。

 

 

 

Dscn36542

 

 

 

2020/06/17

梅雨ごよみ

皆様 こんにちは

はや6月も中旬になり、ジメジメとした雨の日が続けばと思えば梅雨の晴れ間があるのは救われます。

こうして三日周期でお天気が変わり、そのうち梅雨明けしてあの暑さがやって来ると思うと、

ちょっと構えてしまいます。

しかも、今年はコロナ対策としてマスク着用もさらに暑さに拍車をかけるようで心配です。

夏用のマスクが販売されているようですが、どこで買えるのか?教えてください(^^)/

 

半期に一度のセールもお陰様でたくさんのご注文ありがとうございました。

今週の20日(土曜日)で終了されていただきます。

ご注文いただいたお客様から沢山のお礼のメールが届いていますが、

セール前半は毎日梱包、発送でメールのお返事ができていません。

この場をかりてお礼申し上げます。ありがとうございました。

コロナの第2波、3波とささやかれる状況下では不安もありますが、

人生には感染病だけでなくリスクを伴う出来事はたくさんあります。

冷静な目で社会の動向を観察して新しい暮らし方を模索していかなければ・・・と思っています。

 

画像は今回のセールでケーキスタンドをお買い上げくださったMさんの素敵なガラスドームのコラボレーションです。

 

 

206gest-room

 

 

美しい花を見て、癒されるモノに囲まれて、素直に感動できる時間はとても大切です。

 

 

 

2020/05/17

自由と矛盾

皆さんこんにちは

自粛生活も長くなると、体も不調、正直言って家で過ごすことに限界を感じるようになって来ました。

コロナの正体がよくわかっていないだけに、急に重症化して亡くなる人の話を聞くと、

やはり恐ろしいウィルスであることには間違いはありません。

階下の70代のご主人は、コロナに怯えで殆ど外出されていないようです。

用事でお伺いしても玄関先には出てこない。ノブにひかけて荷物も受け取らない?

そこまでする必要があるのでしょうか?と思ったりもする。

スーパーに買い物に出かける時は広い都立の公園を横切っていくのですが、、、、

通りすぎるまで、マスクしていない人が何人いるのか?数えてみたら、全員マスクをしていた!!!

日本人は凄いなあ・・・と感心します。

このところ感染者が大幅に減少して来ています。その成果は必要最小限の外出自粛要請の効果もあると思いますが、

やはり日本人のまじめさと、日本人の習性だと私は思っています。

先日のニュースでイギリスの空港でコロナ陽性感染者の男が「俺はコロナに感染している」と女性スタッフ二人に大声でツバをかけた。

数日後女性二人はコロナに感染して亡くなってしまいました。

とんでもない事件で、そんな非人間的な男が世の中にはいるってこと。

 

昨年の冬の一月の渡英時に風邪を引き、移動時は地下鉄の中ではマスクをしていました。

イギリス人は風邪をひいてもマスクをする習慣はありませんので、

不思議な目つきで見られていたような気配を感じていましたが、その時は別に差別をしている様子はありませんでした。

国によって自由が矛盾に感じることも少なくありません。

世界はロックダウンが少しずつ解除され、自由へと人々は動き始めている。

専門家によるとコロナの効くワクチンが開発されない限り、2波、3波・・と付き合っていかなくてはならないとも言っています。

コロナ禍によって社会の矛盾やひずみが見えて来た。

これから先、コロナが終息しても、また新たなウィルスが広がるかも知れません。

私達の課題・・・

一人一人の知性と理性が求められています。

 

フランスではロックダウンが緩和されて、この週末にはヴァンヴーのブロカントが開催されています。

まだまだ規制もあり、出店業者も半分と制限されているようですが、少しずつ明るい兆しが聞こえてきます。

足止めされているヨーロッパ買い付けもいつになるかはわかりませんが、

先の楽しみを夢見て、自粛生活が解除されるまで我慢しましょう!

 

ありし日のヴァンヴーの蚤の市

 

Pict0017

 

Pict0010

 

 

サイトショップは月曜日~金曜日の午後8時~9時の間に少しずつ更新しています。

とって置きのアンティークも蔵出ししていきます。

ご覧になっていただければ嬉しいです。

暑くなって来ました。

皆様も体調を崩されないようにご自愛くださいね。

 

 

 

より以前の記事一覧

antique shop 8trees

フォト
2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

お気に入りの本

  • イギリスアンティーク手帖
  • 牟田彩乃: ロンドンおいしいお菓子時間
  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ