カテゴリー「my life」の記事

2017/07/20

英・仏からの買い付け品搬入

梅雨明けが発表された昨日、一連の行事で、なかなか引き取りにいけなかった荷物
保全倉庫で暫く保管していただいていましたが、ようやく家に搬入しました。
 
前日の突然の雷、雨、ひょうの悪天候も静まり、比較的作業しやすいお天気でした(o^-^o)
早朝5時起きで、すべての荷物を搬入し終える夕方には、疲労困憊で疲れがどっと。。。
商品を設置している部屋も、搬入当日はカニさん歩き(゚ー゚;
 
大きな段ボールでぎっしりと。
 
少しでも早く開梱をと思い、段ボール1個開梱しました。
高さがある大きな段ボールなので底に手が届きません┌ヤレヤレ
それでも、数か月ぶりの対面はとても嬉しいものです。
 
今回はベルギー、北フランス、パリ、イギリスと、たっぷりと素敵が詰まった買い付け品となります。
ことしの夏は猛暑とのことです。
おうちの中で、素敵なお買い物を楽しめるように、ゆるりと更新して参りますので宜しくお願いします。
また、ブログでは開梱後、時々買い付け品をピックアップしてご紹介していきますので、
今後のご参考になさって下さいね!
 
 
初夏、イギリスの街の花屋さんに並ぶアイリス
シェリーのQueen Anne Styleのアイリス

私の大好きなパラゴン社のアジサイとポピーのトリオ

Dsc_11372




フランスで買い付けたエレガントなアイテムもたくさんあります。

花の油絵、刺繍画、フレンチファブリック。。。などなど


Dsc_11332



まだまだたくさんの箱を開梱しなければなりませんが、

今週中にはすべて開梱の予定です。
 
ガンバリます!!!
 
 

2017/07/17

マリーアントワネット物語③ 王妃の村里

毎日暑い日が続いていますが、皆さんお元気ですか?

私は姪の結婚式で関西入りしていました。

新郎新婦は東京に住んでいますが、1300年以上の歴史がある神社を大そう気に入り
滋賀県の大社で挙式をしました。

当日もとても暑い日で、集合写真が拝殿の前の境内でしたから、
私はドレスでしたが、和装の参列者は大変だったと思いますsunsweat01


一連の行事が無事終わり、そろそろ仕事の始動と思っていますが、暑い時期ですので、
荷物搬入後、ゆるりと更新して参りますので宜しくお願いします。



いよいよヴェルサイユ宮殿の報告も終盤となります。
 
マリー・アントワネットが愛した村里は豪華絢爛な宮殿とは様変わり。。。
観光客にはほっとする安らぎを与えてくれる場所です。
堅ぐるしい宮廷のしきたりを嫌ったマリー・アントワネットもこの別邸をこよなく愛しました。

子供たちと偽似農村生活を楽しんだ場所は可愛らしい茅葺屋根の田舎家を集めた
メルヘンの世界。。。
 
見かけは質素だが、内部は豪華な家具調度で飾り立てられていたようです。
こうした浪費に次ぐ浪費がいづれ民衆の反感と憎しみを呼んだことはいうまでもありません。



 

Dsc_07592

 
素朴な藁ぶき農家を集めた王妃の村里からは


派手好きなイメージとはうらはらな田園趣味がうがかえます。


P1100571
 
Dsc_0754
 

Dsc_0751



愛人との密会の場所だった愛の宮殿
 
右側の白い建物です。


P1100575



ヴェルサイユ宮殿に生きた多くの女性たちのなかで最も有名な人物と言えば
マリー・アントワネット
 
彼女が何故、これほどクローズアップされるのか?
次回最終編で

紐とければ。。。と。
 


2017/07/04

暮らしのかたち

梅雨も末期、このころになると台風が発生したり、

前線が刺激されて豪雨になるケースもあります。
 
小さな不注意が災害につながることもありますので気をつけましょう!

本日、新商品アップしました。

宜しくお願いします。



 
梅雨時の天気と同じように、体調がすぐれない人も多いのではないでしょうか?
 
私も更年期をとっくに過ぎて前期高齢者の仲間入りですが、
 
どってことないのに素直に認めたくないです(^-^;
 
だって、元気だったら昔の人の60代と今の60代とは随分違い

家族構成からして「暮らしのかたち」も随分と変わって来ています。
 
食もその1つで、体にやさしいものを好むようになりました。

何でも工夫して手を加えた献立は、見た目も優しく体によさそうに見えます。
 
料理は楽しい。。。
 
昨日はとても蒸し暑い日で、さっぱりとした献立にしました。
 
ミョウガ寿司に酢だことジヤコと胡瓜、青じそをトッピング
 
 
Dscn7201

食後のデザートは🍒

今年は山形産のさくらんぼが比較的安価でとても甘い気がします。
 
これも旬もので最盛期も終わりです。
 
 
 
Dscn7200
 



食は毎日のことですが、感動したり、喜んだり。。。。驚いたり。。。
 
そんなことがとても大切なことのように思えます。
 
 
 
 

2017/06/29

大阪へ

 
26日、27日と大阪に行ってきました。
退院したばかりの孫と初対面した後、帰国中の息子が予約してくれたRITZーCALTONで宿泊しました。
 
久しぶりの大阪ですが、東京以上に外国人の観光客が多いように思います。
ザ・リッツ・カールトン大阪は何度か行っていますが、宿泊するのは初めてです。
買い付けで泊まるホテルとは大違い、リッチです!!!
3歳の孫はフカフカのベットの上でタンブリングしていました。
 
 
27日が雨だったらラウンジでアフタヌーンティーを予約しょうと思っていましたが、
予想外に晴れて、息子と孫、夫と4人で「海遊館」に行くことにしました。
ここも外国のガイドブックに掲載しているらしく殆どが外国人でしたw(゚o゚)w
 
リッツ・カールトン
お部屋もゴジャスながら、玄関ホール、置いてある調度品もアンティークで見ごたえがあります。
仕事柄、こんな設えはテンションが上がります。



Dsc_10572_3
 
Dsc_10452_2

Dsc_10462

Dsc_10322_2
Dsc_1033
Dsc_1050_2
Dsc_1053

Dsc_10312


楽しいことは早く過ぎて、現実の日々に、それが幸せというもの。

 
来週、またゆるりと更新の予定です。
 
宜しくお願いします。
 
 
 

2017/06/24

麻央さんのブログ kokoro

 
イギリスのBBCは昨秋
特集「100 Women 2016(2016年の100人の女性)」に小林麻央さんを選出。
世界各地で人の心を動かす女性100人を選ぶ4回目の特集で、
麻央さんは日本人では初めて選ばれていた。
 
海老蔵さんの記者会見の様子を紹介し、
「個人的なことがらについて語るのを避けようとする日本社会で、
小林麻央さんのブログは画期的だった」などとたたえています。
 
乳がんの闘病生活をブログにつづり多くのファンがいた小林麻央さんが逝ってしまいました。
私も麻央さんのブログをお気に入りに入れて、時には励まされ、勇気づけられた一人です。
麻央さんの頑張っている様子をブログで読むたびに、
これしきりの事で。。。と奮起する自分がいました。
 
麻央さんの最後のブログ「オレンジジュース」を読んでいた時、訃報のニュースを知りました。
 
とてもショックでした。
 
そして、とても悲しくて、可愛そうでした。
 
 
亡き母の母(祖母)も34歳で病気で亡くなりました。
 
母が8歳の時でした。
 
もちろん、私は知る由もありませんが。。。
 
人の寿命は長さでは測れないものがありますが、34歳の若さは辛いです。
 
麻央さんが闘病生活で私たちに伝えたかったこと。
 
あらためて考えています。
 
 
「皆様にも、今日、笑顔になれることがありますように」
 
麻央さんらしい優しい最後の言葉
 
忘れません!そして、ありがとう。




Dsc_09482
 
 

2017/06/22

天使の目覚め

暦の上では夏至ですが、梅雨前線も活発になり梅雨本番となりました。

自然社会には降水量も必要ですが、

 

主婦にとっては梅雨の晴れ間はお天とさまのご褒美のような気がします。

 
 

わたし事ですが、先日、孫が無事誕生しました。女の子です。

 

超安産で、母子ともに元気でいます。

 

新しい命が天から授かり私も嬉しいです。

もう、れっきとしたおばあちゃまです。そう思いたくないのが本音ですが、

 
つい、可愛いベビードレスを見れば買ってしまいます。



Th_134_big130420blog

 
 

そんな変化のある一週間ですが、また来週は大阪入り、

イギリスからの船便の到着などで、多忙になりますが、
 
ゆるりと更新して参りますので宜しくお願いします。
 

2017/06/19

6月骨董市レポ

18日の大江戸骨董市、雨模様のお天気にもかかわらずご来場ありがとうございました。
 
午後2時頃にはポツリ、ポツリ。。。と。。。きて
 
早めの終了となりましたが、天気予報を見てご来場いただいたお客様が多く、
 
午前中に混雑して予想外の展開となりました!(^^)!
 
開店9時には、早くも隣のブースはお目当ての南仏のお皿と、ミラースタンドをゲットした
 
若い女性が嬉しそうでした!
 
 
 
Dsc_10252_3


朝ドラのみねこがこの骨董市の様子を見れば、茨木弁で
 
「おとうさん、、東京は人が多いね!」なんて言うでしょうね。



 
Dsc_10262



「父の日」でもあり、家族連れや男性客が当店でお買い物を楽しんでくださいました。
 
母娘が選んだプレゼント、 シルバーのシューホーン(靴べら)
 
きっとお父さんも喜んでいると思います。
 
お客様との語らい、とっても楽しいイベント日となりました。
 
ネットショップの方も、近日中に更新の予定でいます。
 
宜しくお願いしますm(__)m
 
 

2017/06/16

花暦

本格的な梅雨はまだのようで、ちょっぴり嬉しい晴れ間です。

気がかりなのは、18日(日曜日)の大江戸骨董市、はっきりしないお天気です。
 
大江戸骨董市のHPの音声ガイドをご確認の上、ご来場くださいね。


6月は紫陽花や菖蒲、蓮など、本当に日本らしい優美なお花が旬をむかえています。
先日マンションの仲間と、東村山の菖蒲まつりに行って来ました。
北山公園の菖蒲苑には見ごろの菖蒲が優雅に咲き誇って。。。見事です‼
 
北山公園は狭山丘陵を背景にした自然公園で、豊かな水と緑に囲まれ、
初夏には200種類8,000株(10万本)の花菖蒲が咲き乱れ、、
毎年6月には「菖蒲まつり」が開催されます。




P1110076

P1110078

 
行く途中、室町時代に建てられた国宝建築物
 
正福寺の地蔵堂に立ち寄り、都内唯一の木造建造物にそっと手を合わせました。
 
 
 
P1110054

菖蒲苑の縁には八国山緑地が広がり、

紫陽花のアナベルの群生を見ることができます。

 
P1110066_2

P1110082

苑内の池には蓮の花も咲き始めて、、、、

初夏の風物詩

こんな素敵な菖蒲の花のクッキーも販売していました。

お土産に買った手作りクッキー。。。


Dscn6925

170616


日々のストレスは花に癒され、自然に癒され、生きている喜びに満たされる。

 
一瞬、一瞬のこの時を大切にしたいものです。




2017/05/17

かいせきとしつらえの「井中居」

ここは東京の都心から少し離れたまだ自然の営みが残るところです。
 
昨年の1月に訪問したあきる野市の黒茶屋 と5月の燈々庵
1年ぶりに3軒目の姉妹店「井中居」に5月の上旬に行ってきました。
2つのお店はこのブログでもご紹介しております。
早い内に訪問できた達成感で、遅まきながら掲載しました。
 
 
明治初期に建てられた格子の美しい屋敷を改装された佇まいは
 
竹林を渡る風と小川のせせらぎのある「井」のような異空間です。
 
門をくぐり小道を抜けていくと筍がお迎え、小さくおじぎをしているように見えました。
 

Dsc_08982

Dsc_08992

P1100872

Dsc_0901

都会の騒音、時のながれを忘れゆっくりと過ごす懐石膳

季節の食材の恵みのありがたさ、移りゆく季節の愛おしさ。。。
 
 


Dsc_09002
Dsc_0902

170517blog

170517blog2



日本の美とおもてなしのしつらえ

これからもずっとずっと伝えて行きたい日本人の心です。

2017/05/10

新大統領マクロン氏はアミアン出身

フランスの大統領選で39歳の若さで新大統領になったマクロン氏
ファ-ストレディーとして注目を浴びている25歳年上のブリジットさん(64)もアミアン出身です。
色々と話題性のあるお二人ですが、そもそもフランスは自由な国で、男女夫婦間
子供の育児などの考え方が保守的な日本とはかなり異なります。
 
なんだかこの時期にアミアン入りした私にとって奇遇というか、
このタイミングは幸運にも似た気持ちです。
 
美しい北フランスのアミアンの街、
アンティークの仕事をしていなかったら、この街を訪れることもなかったでしょう!
 
アミアンの有名な銘菓マカロンが皮肉にもマクロンとして有名になり、
そのマカロンの老舗のチョコレート屋で生まれたブリジットさん。。。。
あま~い恋が生まれたのも運命的なこと。
 
蚤の市が開催された日に、彼女のお店らしき店頭でマカロンの試食をしたわたくしでございます。
夫は違うなんていってますが、私は信じています(*^-^)


 
Dsc_0711

P1100470

P11004732
 


有名な建築家が設計したアミアンの駅をでると目の前にべレ塔がそびえ建つ
 
近代的な建物と13世紀に建てられたフランス最大のゴシック様式の大聖堂が融合された
美しい街並みです。


アミアンの探訪の追憶からでした。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

antique shop 8trees

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ