カテゴリー「season」の記事

2017/09/13

秋色トーン

少し歩けば汗ばむほどですが、朝夕は随分と過ごしやすくなって来ました。
気持ちよい朝は早起きしてラジオ体操、ウォーキング。。。
 
今朝もそんな日で
 
ウォーキング後は程よい汗が出て、シャワーを浴びて、すがすがしい一日の始まりです。
 
いつものコースからちょっと外れて歩いていたら赤い彼岸花が咲いていた!
 
もう、秋だね!!!
 
スマホ持っていないので、写真撮れず、がっかり(ρ_;)
 
ファッション関係のショップは秋色トーン
カーキ色にパープル、ブラウン、ブラック。。。ディスプレイ
当店も今回秋色トーンのジュエリーをご紹介しました。
装いのワンポイントにお奨めです。
 
メルマガ通信でお知らせしておりますが、まもなく秋の買い付けに出かけます。
これからの季節はオシャレの季節、在庫も少なくなったジュエリー...
クリスマスに向けてのアイテムなど、セレクトして参ります。
 
 
 
Dscn21242
 
 


小さな街のアンティークフェアも時間が許す限り積極的に出向いて行きますので
 
帰国後を楽しみにお待ちくださいね。


 
 
P1080564
 
 
 
 
買付けに伴う業務連絡はTOPページでお知らせします。
 
ご不便おかけしますが宜しくお願いしますm(__)m

2017/09/10

秋日和 私の日々

過ごしやすいお天気が続いております。
 
週末の土曜日は最寄りの立川で秋のフェスティバル、近くの都立高校では学園祭が開催されて。
フェスティバルでは都内在住の母方の従姉が似顔絵の講師としてこのイベントに参加したので、
1年ぶりに再会して、イベント終了後駅ビルのルミネの8Fで早めの夕食を共にした。
 
アメリカンパンチワーク地のカラフルな上着にワールドパンツのクレジーな姿にちょっと驚きましたが
とても似合っていました。彼女は74歳で独身
服飾のデザイナーですが、もうすっかりリタイアして絵画の趣味に没頭してるかと思えば
荻窪に事務所と倉庫を借りて、現役で仕事をしているとのこと。。。すごいですw(゚o゚)w
数年前に大病を患った後は、生き返ったような魚のようです。
一人身なので、将来のこと心配して尋ねてみたら、75歳になったら先のこと考えると。
もう何も言えなくなった!
反対に従姉に教わることも多く、人生いろいろだねって思いました。

~*~*~*~
 
小雨が降る6日は某銀行時代のOB会があり、メンバーの中に自由学園で三人の娘さんが学ばれた方がおられ、
学園のスタッフと共に一般公開されていない南沢キャンパスの中を案内してもらいました。
 
 
クリスチャンである女性思想家の羽仁もと子と羽仁吉一のご夫婦によって1921年に設立された学園です。
出身者にオノ・ヨーコさんや坂本龍一、岸田今日子さんがおられます。
広大な土地には左右対称の文化財的な学びの木造校舎が並び、芝生の校庭はグランドです。
下は初等科の2年生の教室。
こんな木造のレトロな教室、いまどきありません。



Dsc_12392

Dsc_12432



集まった仲間たちの会話、年々親の介護、相方の病気などで、参加者も少なくなりますが
また来年もみんなと再会できたら嬉しいです。


来年は幹事さんが、どんな場所を選んでくれるのか、それも楽しみです。
 
私の近況です。
 
 
 

2017/09/07

奥深いアンティーク

9月に入り随分と涼しくなり過ごしやすくなって来ました。

これからは日に日に秋も深まりアンティーク色の景色に変わることでしょう!

本日久しぶりの新商品アップです。

これからの季節にぴったしのお品をご紹介しました。

どうぞよろしくお願いします。

 

毎度の更新作業にあたり、

ネットショップ開設当時はアンティークブームで需要も多く、60点から80点を一度に更新した時期もあり、

若さとは偉大な力なりと思ってしまいます。

 

 

その当時はアンティークのバイブル的な雑誌が定期的に発行されていたので、参考にできることも多かったのですが、

私自身当店独自のセレクトで買い付けをするようになってからは

参考にする文献も乏しく、あっても英文、仏語など、、、和訳してもいまいちわからないことが多いです。

そのため1ページのコメントで数時間かかることもあります。

しかし、こんな苦労は、後々私自身にとって、とてもプラス思考に働き、

決して無駄な時間ではないことを知らされます。

アンティークを紐解いていくと、小説を読んでいくように昔の習慣や出来事がおもしろい!!!

 

 

今回ご紹介しているオーストリアのテーブルウェアの絵柄

マリア・アンナ・アンゲリカ・カタリーナ・カウフマン(Maria Anna Angelika/Angelica Katharina Kauffmann)
        英語よみ:アンジェリカ・カウフマン(1741年 ~1807年)

220pxangelica_kauffmann_006



スイス生まれのオーストリア人の有名な女流画家 の絵画が転写で描かれています。

カウフマンは優美な才能とかなりの技術を持っていたが、描かれた人物には多様性と表情が欠けていた。

さらにカウフマンの描く男性は男性的な女性たちがモデルだったこと。

それは当時、女性画家は男性のモデルを使うことを許されなかったからです。

 

 

Dscn81712

 

 

 

どんな文献も資料も人の手によって書かれたもので、正確さと真実は定かではありません。
しかし歴史上の人物で、それが女性だったのか男性だったのかでも画風は異なるはずです。

 

モデルが女性だったなんて!そう思えばそんな風に見えるのが不思議ですね。




 

2017/09/04

㏌ 北海道 

夏の終わり
北海道に行って来ました。
 
今回の旅は札幌、小樽を中心に
札幌の開拓の歴史を伝える建造物と小樽のミュージアムをめぐる旅でした。
 
今年の北海道は平年より気温の高い夏でしたが、旅した4日間は穏やかな晴天の秋日和で、
朝夕は長袖でないと寒いくらいでした。
 
 
北の大地と大自然は、クラーク博士の「少年よ 大志を抱け」の言葉のように大きな気持ちになれます。
知らない事の多さに向き合い、知ることの喜びは旅の恩恵でもあります。
TOPページの画像は北海道での旅の一コマです。
 
日本にいながらすぐれた海外の美術品を縮図として鑑賞することができる小樽の滞在
時には仕事から解放され、心と体に栄養を与えることは、私たちには必要なことです。
北海道ならではの美味しい食べ物も沢山いただいてきましたが、
見たこと、体験したこと、これからの仕事に少しでもプラスになればと思っています。

P1110374

P11103392_2

Dsc_1201

 
9月に入り、随分と過ごしやすくなりました。
蝉の鳴き声から虫の音~ロマンチックな秋の到来です。
9月もゆるりと更新していきますので宜しくお願いします。


2017/08/27

information

8月もわずかになりました。
台風や洪水、猛暑、長雨と。。。天候面では恵まれなかった夏ですが、
それぞれの夏は楽しい思い出を残せたことでしょう!
 
サイトショップでは夏休みにもかかわらず、沢山のご来店ありがとうございます。
そろそろアンティークも動き始めました。今回もオーダーが集中するお品が数点ありました。
一斉オーダーは酷なものと思いながらも、プレビュー時間がたっぷりあるので嬉しいと
言ってくださるお客様が多く、しばらくはこのような形態でやって行きます。
 
TOPページでもお知らせしています様に30~9/2までの4日間、遅い夏季休暇を頂きます。
ゆるりといいながらも、通販の仕事は商品撮影~発送まで、かなり日数を要します。
何だか、店売りと違い、いつも糸を引いている感じがしますが、
原点は日本中の方へ素敵なアンティークをお届けしたい気持ちで始めたショップですから
私には通販で始まり通販で終わりたいと思っています。
 
秋は旅のシーズンです!
 
 
イギリス、ロンドンの風景だけでは英国は語れません。
ロンドンを抜け30分もすればカントリーサイドの田園地帯が広がります。
この、田園風景は東西南北の地形によっては多少違うものの、かなり似ています。
その点、海辺の街はヨーロッパ風で、場所によって、ここがイギリスなの?。。と
錯覚する場所もあります。
 
画像は北ウェールズの古城コンウィと近郊の街スランドゥドゥノ
近い場所で古き英国と明るいエレガントなリゾート地を感じることができました。
歩いていると、さすがイギリスです。
アンティークセンターやショップもあります。運がよけえば大きなアンティークフェアに
出くわすこともあるのです。



P1080903
 
Dscn9580



次回の更新は9月になりますが、宜しくお願いします<m(__)m>
 

2017/08/23

過ぎゆく夏の日

8月も下旬
 
ようやく夏空が戻ってきた関東です。
本日新商品アップしました。宜しくお願いします。
 
小学生の元気な声が響いていた公園もいよいよ25日から二学期
 
蝉の鳴き声に夏の終わりを感じ、過ぎ行く夏の日をふり返っています。
 
夏の甲子園、汗を握る好ゲーム。
 
夫の出身高校「彦根東」が甲子園に出場したが2回戦で敗れた。
3回戦に進んだら甲子園に応援に行くといっていた望は叶えられなかったけれど
最後まであきらめなかった球児達の健闘をたたえたい。
 
わが西東京代表もベスト4まで残り頑張った!
広陵高校の中村選手の大会新の6本塁打~記録に残る大きな話題
 
優勝は埼玉県代表の花咲徳栄が優勝、
県勢として初の快挙に地元は喜びにわいています。


ひとつの夏が終わり、早くも萩の花が咲いていた。



2

 

2017/08/20

見つめるアンティーク(イタリアンレストランで)

すっきりしないお天気が続いている関東です。
 
甲子園球場の青い空がちょっぴりうらやましいです。
 
夏休み中もたくさんのご来店ありがとうございます。
毎回の更新、ブログを楽しみにご覧いただいているお客様も多く、
自分なりに感じることを伝えて行けばと思っています。
 
買い付けで渡英する回数が多くなると、だんだん慣れも手伝って、外食も億劫でなくなりつつあります。
以前は、オーダーしたメニューと違うものが出てきたり、ボリュームの多さに食べ残したり、
飢えに苦しんでいる人々のことを思うと馬鹿なことをしたと思ったりもした。
日本人は食が細いですから、シェアする相手がいない限り一品から注文する。
間違いなく完食できるのは、一皿にメインディッシュとサラダなどの付け合わせがちょこちょこと乗っているのはベストです。
 
代表的なものは、安くてボリューム満点のランチ、フィッシュ&チップス、ジャケットポテト、
ステーキ、パイ、ビーンズを組み合わせた伝統的なメニューは口がこえた日本人には
洗錬された味ではないが、お薦めです。
そして、お店ですが、ファースト・フード店以外のバブやレストランで食事する場合は
少々待っても混んでいるお店を選ぶことです。
理由は混んでいるお店は味もそれなりに美味しいですし、何よりお値段が手頃です。
 
私も前回の買い付けで、宿泊ホテルの近くでイタリアンレストランを見つけ、
入ったら正解でした。何より店内が清潔でインテリアが素敵でした!
スタッフが多く、待たせない、しかも親切。。。
 
 
 
Dsc_0804_2


Dsc_0800_2


Dsc_0803_2

.
好きなラザニアを注文したけれど、とても美味しかったですよ!
 
ロンドンは食べ物がおいしくないなんては昔のこと。
 
賢く、おいしく食事するのも旅の楽しみです。
 


2017/08/16

coming soon

関東は8月に入ってずっと雨続きで、連続15日間の降水量を記録したのは40年ぶりとのことです。
 
とても夏とは思えません。
暑い暑いと言っていた太陽がまぶしい7月の夏日が恋しいです。
やはり、夏は夏らしいのが一番ですが、これだけはどうしょうもないことです。。。(ノд・。)エーン
 
そんな天候不順の日々ですが、近々新商品アップします。
 
見たことない。。。はっとするような素敵なアイテムもあります。
 
準備が完了しましたらお知らせします。
 
少しばかり画像ピックアップしました。

 
170816blog2


残り少ない夏の日

皆さんもそれぞれの夏を楽しんでくださいね!!!




 

2017/08/14

根岸でとうふ(豆富)

 
故郷への帰省、お墓参り、お盆休みはそれぞれの行事がありますね。
我が家は7月に法事があり、お墓参りをすまして来ました。
先日、上野のタイ展の帰り、鶯谷駅の北口からすぐの「笹乃雪」で豆腐料理を頂いてきました。
豆腐は豆が腐る。。。と書きますが、ここの豆腐は豆が富めると書きます。
台東区の根岸、下町情緒たっぷりで、新宿や渋谷とは街の雰囲気が随分と違います。
 
 
この鶯谷、随分前になりますが、品川に住んでいたころ家具を買いに来たことがあります。
秋葉原は電気街、鶯谷は家具屋さんが沢山あるので有名でした。
でもどんな家具を買ったのか覚えていません。
 
数年前から夫と食べ歩きをしております。
人間、いつまで美味しくいただけるかわかりませんものね!
そんな訳で、東京は沢山お食事処がありますので、文豪が愛したお店とか、何かあとあと
思い出に残るところがいいなあ。。。と選んでいます。
 
人はなんだこんなものと
 
通りすぎりかも知れず。
 
僕は笹の雪流な味を愛す。(明治39年漱石)
 
こちらはあの夏目漱石が高浜清に宛てた文言です。
そのほか、この根岸に住んでいた正岡子規もよく通ったそうです。
 
叔父の欧羅巴(ヨーロッパ)へ赴かる、に笹の雪を贈り

春惜しむ宿や日本の豆腐汁 (明治35年子規)

お食事する部屋には白連の直筆の短歌の額が飾られていましたよ!


 
Dsc_1156
.
肝心の豆富料理の献立はとうふづくしですが、どれも一味ちがって絶妙です。
こちら朝顔御膳 3,800円(税込み)
 
白酢和え・笹乃雪冷奴・あんかけ豆富・胡麻豆富・絹揚・雲水・豆乳蒸し
うずみ豆富・豆富アイスクリーム
 
 

Photo

 

けっこう腹持ちします。
 
途中あんかけ豆富が一人二碗出てきたので、???と思った!
実はこれには由来があり、元禄の創業当時は一品のみだったのが、
上野の宮様がご来店の折り、大変美味しいと仰せになりこれからは二碗持ってくるようにと
のお言葉に、それ以来二碗一組でお出しするようになったとのことです。
 
* * * あんかけ豆富の豆皿👇もお店で売っております。
 
 
 
Dsc_1158_
.

文豪が愛したお食事処は、どこか庶民的で昔ながらの下足番の方がおられ
なつかしい和み。
 
食べたら終わってしまう外食も、感じるものが1つでもあれば幸せです。


2017/08/09

スーパー猛暑日

台風5号typhoonは多くの地域に爪痕を残しながら日本列島を横断

 

後に残されたものと言えば台風による被害と猛暑だけ。。。

 

今日の東京は体温を超えて37度

 

37度になれば猛暑を超えてスーパー猛暑と呼ぶらしい!

 

もう暑いのなんの!sunsweat01
この夏初めて朝からエアコン全開です。
 

イギリス在住の日本人は「長いサマーバカンスがあるけれども夏は日本には帰国しない」と皆、口をそろえて言います。

 

そうなんです。イギリスは季節外れの冷夏はあってもこんな猛暑はありません。

 

日本もお盆が過ぎれば、秋風が吹くかもしれません。

 

 

本日新商品アップしました。

 

当店はお盆休暇はございませんが、8月末から4日間ほどお休みを頂きます。

 

それまでは、ゆるりと更新して参りますので宜しくお願いします。

 

 

 

 

P1060272_3

 

 

 

 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

antique shop 8trees

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お気に入りの本

  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ