カテゴリー「England」の記事

2017/05/26

勝負は初日

フェアの前日入りした南イングランド
 
バッチリ下見も終え、明日のために早めに寝たが、頭の中は買い付けの戦略で
なかなか寝付けられない。
 
それでも連日の移動やアンティークハンターで疲れもピーク

知らず知らずのうちに深い眠りに落ちていった。
 
宿泊したB&Bの朝食は早朝何時でもOKで当の主は夢の中らしい!フゥゥ~
 
朝食ルームで勝手に食べていざ出発。。
 
今日も空は青く晴天。。。幸先が良いフェアの初日です。



P1100783


これと思う物は見つけた時は手から離してはだめ!
 
隣で物色している人も、実はお目当ては同じものだってこともあるのです。
油断大敵(@Д@;


木製のベットに眠っている可愛いビスクベビーを発見
中には藁に包まれた2匹の羊の人形が一緒に入っていました。


P11007793


お次は、私好みのお店で、カーテンにレースに絵画に、ジュエリー。。。
みんな素敵で全部欲しくなるが、、、まだ始まったばかり、、、
箱に詰まったレースから1枚1枚チェックしていくが、肝心のお値段がついていない。
お客さんの対応に忙しい店主にいちいち聞くのもはばかり、
だめもとで箱入りで全部でおいくら?なんて聞けば、彼女はびっくりして、
誰かに携帯で相談していた。
 
結構高いお値段だったけれど、1枚1枚購入するよりもかなり割安(^◇^)
交渉の末、箱なりゲット
レースの数 100枚はあると思います。
彼女が中のレースを見せて説明してくれたけれど手仕事のレースもかなりありました。
もうよだれが出そうで、これで当分レースは買い付けなくてもいいと思いました(v^ー゜)

 
P11007772


 

2017/05/13

旅するアンティーク~イギリス編

旅の余韻もすっかり醒めて、現実へと。。。
私の旅はいつも楽しくて、夢半分、期待半分、
好きな物を買うって素直に言えば気持ちがいいです。
 
そんな買い付けの旅も半分が過ぎて、東京と同じ時点のロンドンへ、
今回はロンドンを通り過ぎて、中部の大きなフェアが開催される街で宿泊することにした。
翌朝のフェア、少し寒いですが青々とした晴天です。
建物の中も外も広いので、アンティークハンターは大変です。

イギリスの高級陶磁器オーチャードゴールド、濃密に描き込まれた果実の図柄が眩しい!!!




Dsc_0795

Dsc_0784

 

 
6月に生まれる孫娘の為にベビードレスを購入したお店で、
特大の1920年代のBoudoir doll(ブドワール ドール)を発見
目が覚めるような深紅のシルクドレス、状態のよさに陥落。
 
Boudoir dollはドールコレクターさんでないと、アンティーク市場には出でこないもの。
ましてや、フランスではなくてイギリスで、、、、
わからないものですね。出会いとはw(゚o゚)w



Dsc_07942


週明けに新商品更新の予定です。
 
順次、ちょっぴり素敵なアンティークご紹介していきます。
 
お楽しみに(^^♪

2017/05/04

オルセーの刺激が出会いを生む

オルセー美術館
 
素敵な絵画を鑑賞した後は、ここちよい余韻がずっと続き~~~
 
いい絵画の出会いがありました。
 
アンティークフェアで出会った画商、数年前にどこかで出会ったような気がする。
 
頭の禿げぐあい。。。?
 
まあ、よく似た人は沢山いるからね(*v.v)。
 
ひと目で気に入った油絵、柔らかい色彩が印象派の画風のよう!!!



P11007892

P11007902


二点とも大きな油絵です。
 
こちら船便で、ご紹介は少し先になりますが、

お楽しみに!



 
 

2016/12/14

クリスマス プディング

本日新商品更新しました。
 
お忙しい時期ですが、よろしくお願いします。
 
1日1日とカウントダウンの日々ですが、日常に特別な変化はありません。
 
でも、この焦りに似た気持ちはやはり師走ならでは。。と思います。
 
我が家では、クリスマスから年の瀬にかけて、2組の息子のファミリーが上京します。
 
すでに数日前には海外在住の息子の家族は帰国しました。
 
そん訳で随分と会っていない小さな孫怪獣がやって来ます。
 
好奇心旺盛の孫、椅子に乗っかって高い引き出しも開けると聞いて、今から対策を考えています。┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~
 
こうなれば、食べ物で釣るしかないと思い、クリスマス プディングでも作ろうと。。。
 
日本ではクリスマスにはケーキを作りますが、イギリスのクリスマスに欠かせないのは
「クリスマス プディング」
 
一般に普及したのはヴィクトリア朝時代



36532



すでに16世紀頃から作られていたが、1640年代の清教徒革命時代、
 
神聖なクリスマスを騒がしく過ごすことは道徳に反するとされ、クリスマスプディングは作ることも食べることも禁じられていました。
 
しかし、ヴィクトリア女王がイギリス王室のデザートとして採用したのがきっかけで復活
 
やがて庶民の食卓にも広がり、現在はデパートで買う人も増えたものの、母から娘へと多くの家庭で

オリジナルレシピが大切に受け継がれている、イギリスの古き良き時代のお菓子です。



Dscn3756_2



10月に買って来たフォートナム&メイソンの2016年のクリスマスティー
 
Walkersのクリスマスプディング、こちらは日本でも売っています。
 
こちらのプディングは小分けにお皿に載せてアイスクリームとフルーツを添えると
 
一層美味しくいただけます(一口メモ)
 


2016/12/12

ヴィクトリア朝のクリスマス

長い冬を快適に過ごすために女性たちはどんな楽しみを持っていたのでしょう!
 
一年で最も輝かしい祝日クリスマスは人々が何より心待ちにしていた行事です。
 
ヴィクトリア女王統治下、イギリスの最盛期を迎えた「ヴィクトリア朝」
 
この時代に多くの習慣・文化が定着し、現在に受け継がれています。
 
クリスマスもそのひとつで、「古き良きクリスマス」はどのように始まったのでしょう。
 
色々な文献や書物をもとに、ちょっと書きとめてみました。




36502



上の写真は1907年のイギリス宮廷のクリスマス。
 
左奥の男性は後のジョージ5世で、ヴィクトリア女王の孫に当たります。
 
ヴィクトリア女王は現在でいうファツションリーダー的な存在で、
 
彼女が純白のウェデイングドレスを着ればそれが流行し、
 
列車に乗って「快適だった」とコメントすると、安全性に疑問を持っていた人々も鉄道を利用するようになった。
 
クリスマスツリーが一般に普及したのも女王の影響があります。
 
クリスマスのツリーの起源は北欧に住んでいた古代ゲルマン民族が冬至に飾った樫の木とされ、
 
それがモミの木となってキリスト生誕のエピソードが融合して、17世紀頃のドイツでは現在に近いツリーがみられるようになりました。
イギリスで一般家庭に浸透したのは、華やかなツリーの前でくつろぐ女王一家の様子がたびたび報じられたため。。。
 
女王に長男が生まれた年に、ドイツからクリスマスツリーを取り寄せて、
 
夫で、王子の父アルバート公の母国ドイツの習慣を我が子に伝えたかったからと言われています。




Dscn3654_2
 
 
 
上の画像は1876年クリスマスツリーを飾りつける親子。

ツリーには小さな人形や動物、楽器などのオーナメントが飾られています。
 
こうして欧米のクリスマスは、宗教的な行事だけでなく、家族で楽しむイベントへと変わって行きました。
参考文献・「ヴィクトリア朝の暮らし」「図説クリスマス百科事典」



今週は今年最後のイベント出店の準備のため、少なめの更新となりますが、

アクセサリージュエリーやルビーガラス、レアなお品2点ご紹介します。

どうぞ、楽しみにお待ちくださいませ。




 

2016/10/23

ロンドンで感動したこと

帰国が近づいてきた日曜日、気持ちの良い朝を迎え、ホテルの窓から見る空は、雲ひとつない青空。
 
午前中はハムステッドのアンティークマーケットに出かけ、お目当てのジュエリーをゲットして心は満たされ、
 
カフェでカプチーノとサンドイッチを食べた後、
 
隣の席のおじさんの「今日はハムステッド・ヒースは気持ちがいいよ!」の言葉に、
 
それもいいかな。。。と思って丘に向かって歩き始めたけれど、あの丘はなだらかそうに見えて結構きつい事を思い出し、
 
宿泊ホテルの近くのハイド・パークを横断することにした。
 
ピカディリー線のグリーン・パーク駅で下車、グリーンパークを横断してハイド・パーク・コーナー駅まで歩き、

クィーンエリザベスゲートから池の右側の乗馬道を歩くことにした。
 
池の左側は「ダイアナ皇太子妃記念の泉」があり、少し西に行けばケンジントン宮殿やガーデンがあり、観光客も多いです。
 
池を横断する橋のたもとには博物館パーク・カフェがありますが、その先は細いハイキングコースになっていて、

手つかずの広大な自然が残されています。





Dsc_0259


Dsc_0283
 
 
 
道すがらにヘンリー・モア作の大きなオブジェ「アーチ」があります。
WELCOME TO HENRY MOORE'S 「THE ARCH」



Dsc_0281



Dsc_02722
 




ここがロンドンの中心とは思えない自然が残されています。
 
広大な野原は手入れされないままの姿で、なんとなく故郷にかえったようでほっとします。
 
もし、東京の真ん中にこんな土地があったなら、すぐに建物が建ってしまうでしょう!
 
ロンドンは市民の憩いの場が沢山あり、公園も多いです。
 
地方に行けば、カントリーサイドの景観美は、ただ単に初めから存在していたのではなく
 
「ナショナル・トラスト」という市民の手によって保護されている場所が多いです。
 
 
皆さんもロンドンを訪れた時には、心にのこる素敵な場所を見つけてくださいね。





 

2016/10/13

記憶のあいまいさ

随分と寒くなり秋らしくなって来ました。

雲っていると周りの景色も寒々しく、淋しげです。

帰国した日の季節はずれの暑さを、すっかりと忘れてしまいました。



渡英中は日本にいるより体調がよく、どうもイギリスの風土と空気が合っているようです。

アンティークフェア開催中は、もっと長く滞在したい気持ちになりますが、それが終わると

一人旅はやはり寂しく早く日本に帰りたくなります。

だって日本は食べ物が美味しいですもの!

イギリスには、もう数えきれないほど行っているので、怖いとか恐ろしいとか心配とかいう気持ちはないのですが。。。。

記憶のあいまいさ、ひやっとすること1つや2つはあります。

一つは最初のマーケットで写真を撮ろうとバッグに手を入れたら、スマホがありません。

それまで、何回もスマホの電卓を使っていたので、どこかのお店で置き忘れたのか(;´д`)トホホ…

今回の買い付けはスマホが頼りで、カメラも電卓も持って来ていません。

心臓がドクドクとざわめいているのが自分でもわかります。

過去にも同じこと経験しています。

その時は財布でしたが。。。頭がまつ白に! 

読者の方も心臓に悪いので、結果をお知らせしますが、使い慣れていないバッグの底に沈んでいてセーフでした(^^ゞ

二つめの出来事、思い込みほど恐ろしいものはないと言う経験

ヒースロー空港に到着して、全ての入国審査を終え、ヒースローエクスプレスの切符売り場で、往復切符をクレジットで購入。

片道は£22 往復チケットになると£36でお安くなります。

そんなわけで、その後帰国する前夜まで鉄道で地方に行くこと4回、すべて往復チケットを買っていました。

それぞれ2枚の切符(OUT、RETURN)があります。

帰国する前夜、リターンチケットを探してもどこにもありません。

荷物を整理して、やっとダブルベットで大の字になってゆっくり寝るはずの予定が二時間あまり探した末、

パスポートをなくしたことを思えば安いものと思い諦めることにした。




Dsc_0236





しかし、すんなり諦められないのが、私の性分かもしれません。

フライトの朝、スマホの翻訳アプリを利用して、パディントン駅のヒースローエクスプレスの切符売り場に行き、

訳した英文をメモに書いて見せ、その上クレジットのレシートを見せたら、なんてことなく、

NO problem(問題なし)って言われました!

実はレシートのコードが切符だったのです。

そう言えば乗車の人、自動改札で同じレーシトでタッチしていました。(ノ∀`) アチャー


時間も手間もかかったけれど、すべて教訓と経験です。

フライトは19時50分で、その日もロンドンのマーケットに出かけました。

帰路のフライトの座席も取ってあるのですが、早めにエクスプレスに乗り込んだら、

5分もしない内に後の座席から息もたえだえのうめき声。。。

後の座席の女性が突然過呼吸に!!!w(゚o゚)w

まぁ・・・そんなわけで、買い付けもいろいろあります。





2016/10/11

出会い(結ばれた糸)

本日、新商品更新しました

よろしくお願いします。

買付けの旅では、フランスではお友達ができないのですが、イギリスでは渡英する度に

友達ができます。

今回も二人の素敵な日本人の女性と知り合いになりました。

二人共イギリス人の男性と結婚してロンドンの郊外に住んでおられます。

Kさんは大きなアンティークフェアの会場のお店で声をかけられました。

自宅でアンティークとお料理、カルトナージュの作り方の講座を開設しておられる方で、最近日本へも帰国されたとのことです。

この日は生徒さんを案内してのアンティークハンターとのこと。。。

彼女の知り合いの業者さんが、私が仲良くしている人であることを聞いてビックリです。

そういう事ってあるのですね!(その業者さんとその後会場で思いがけず会うことに)

見聞も多い方なので、色々教えていただけそうです(*^_^*)



Oさんは帰路のフライトでお隣さんに。三人掛けの2席、左隣は空席でした。

フライトでは誰かとお隣さんになるわけですが、趣味や環境、思考が合う人はなかなかいません。

この方とは最初からインスプレーションがわき、意気投合。

アンティークや紅茶のことをよく勉強された経験があり、中でも興味深々なのは

紅茶ファンの方はご存知でしょうが、ロンドン郊外のハロウで紅茶スクールを主宰している

スチュワード麻子さんのお宅で、紅茶のセミナーやティーパーティーに参加されて

お勉強されたとのことです。

麻子さんのお宅のリビングの様子のお話を聞いて、想像以上に夢が膨らむわたしです。

そんなわけで、帰路のフライトは短く感じられました。



Dscn21322




待ち人はそこにいて、見えない糸で結ばれているような気がします。

身近な出会いを大切にしましょう!




2016/10/09

Windsor

連休も雨模様のお天気です

ようやく仕事のエンジンが始動。。。

昨日は買い付けでお待たせしておりました大きな刺繍絵画2点発送しました。

当店は、熱心な男性のお客様も多く、長年ご愛顧いただいています。

この方も男性で、都内渋谷の美容室のオーナーさんです。

店内には当店でセレクトして頂いたお品がディスプレイされているとのこと、嬉しいですね!

このほど改築された店内、ガラス窓を通して、歩行者からも見えるそうです。

大きな絵画がヘアーサロンに来られたお客様の憩いの場になることを願っています。



さてさて、記憶が鮮明なうちに旅のカケラお伝えしますね(o^-^o)

私の場合、ロンドンの常設のアンティークマーケットにはあまりいきません。

ロンドンから行く田舎町の新しいマーケットの開拓、

もしくは地方で宿泊して大きなフェアでの、シッピング会社に依頼しての買い付けを主にしています。

今回もwindsor(ウィンザー)からかなり遠い場所のマーケットに行って来ました。

英国の情報サイトで小さく掲載されていた蚤の市ですので、当り、はずれはあります。

しかし、何だって行かなければわかりません。

幸運と言うか?自然に定まった運命的なものなのか?

天はわたしにいつも味方してくれます。

ウィンザーのセントラル駅に到着すると、前方に現在使われて王室の居城としては、

世界最大級を誇るウィンザー城が見えます。

私はこの町に2回訪れていて、町を見下ろすように建つウィンザー城(windsor castle)は

900年の歴史がある由緒ある城です。

近くにはパブリック・スクールの中でも英国随一の名門校として知られたイートン校があり、

過去に18人の英国首相を輩出。

現在も12歳から18歳までの1000人以上の生徒がこの学校で学んでいます。

ウィンザーにはセントラル駅、リバーサイド駅の2つの鉄道駅がありますが、どちらも町の中心部に近いです。

セントラル駅の構内にはありし日に女王陛下が乗車されたクィーン号が飾ってあります。





161008blogwindsor_2






アンティークマーケットは中心部からかなり離れているロイヤルレース場の敷地内にあり、入場料は£5

帰路、本線の道路までテクテク歩いているとおばちゃんが運転している乗用車が突然止まり、スマホで写真を撮ってくれた(*^-^)

一人旅は、後にも先にもこの1枚だけで、掲載するのは躊躇しますが、

今回の旅で、年齢を意識するのは、どうも私を含め日本人の悪い習慣のように思えたので、ちょこっと載せました(^^ゞ



それでは、皆さまも良き連休をお過ごしくださいネ。




2016/09/17

英国展

16日、日本橋三越で開催中の英国展に友人と待ち合わせして行ってきました。

もうすぐ、渡英する私ですが、また、仕事柄渡英回数も多いのですが、意外と自由時間がなく

イギリスのこと知らないことが多いです。

本当に、日本ってイギリスに行かなくても、何でもあるのですね(゚0゚)

スィートから英国ブランドまで揃っていました。

催事がある7階のフロワーでは骨董市の出店時にお買い物をしていただいたお客様に

ばったりとお会いしたり、知人の業者さんも出店されていました。

随分昔から知り合いのU.K.STORROOMの香川さん。。。イギリスから帰国されたばかりで

久しぶりの再会です。

葉山のKATY(ケイティー)さんも素敵なアンティークのブースで再会です。

KATYさんは10月上旬に買い付けで渡英されるそうです。

色々と渡英前にお話を聞くことができて気力と活力が湧いてきましたo(*^▽^*)o

催場の様子、ご覧になってください。



Dsc_0151_2

Dsc_0153

Dsc_0154_2





最近私が注目しているのはバーレイ社のデザイン。

淡いプリント柄が、意外とデイリー ライフに合い、使ってみたいテーブルウェアです。

バーレイの食器はキャリコシリーズをはじめ、バージス・チンツ、ブルーバードがありますが、

アンティークの出会いはなかなか難しいです。


Dsc_01482

Dsc_0150_2





今回の英国展にはコッツウォルズのウィンチカムにある『ジュリス・ティールーム』が出店しておられます。

こちらのティールーム、イギリスの暮らしの招待状RSVP「アールエスブイピー」の最新号に掲載されています。

オーナーの宮脇樹里さんは14日と19日に来店されるようで、お目にかかることはできませんでしたが、

美味しい紅茶と焼きたてのスコーンを美味しくいただきました。

同行したティーサロン主宰の友人はウィンチカムのジュリーさんのティールームに行ったことがあるとのことで、

その時のお話を聞きながら、コッツウォルズのティールームにいるような気分でした。



Dsc_0143

160917juris_tea_room





英国展は毎年大阪、博多でも開催されているようです。

どうぞお近くの方は、日本いながらイギリスを体験してください。

あなたにも新しい発見があるかも知れませんねo(_ _)oペコッ

日本橋三越 英国展は19日までです。






より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

antique shop 8trees

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入りの本

  • 砂古玉緒: イギリスの菓子物語
  • Cha Tea紅茶教室: ヴィクトリアン朝の暮らし
  • 森嶋搖子: 英国コミュニティ・ライフ
  • 石澤季里: アンティーク・マーケット散歩
  • イレーン&ケリー・クロフォード: 赤毛のアン レシピ・ノート
  • イギリス式 節約お片付け
  • パリ魅惑のアンティーク
  • フレンチ・シャビーのインテリア
  • 歩いてまわる小さなロンドン
  • 島田順子スタイル
  • 食卓を彩るシルバー
  • パリ・アンティーク物語
  • ずっともの探し
  • 英国ティーカップの歴史
  • 英国ナショナル・トラスト紀行
  • フランスの骨董市を行く
  • 新 ロンドンから行く田舎町
無料ブログはココログ